『アナ雪』イディナ・メンゼル&クリスティン・ベルが同時にハリウッドの殿堂入り

『アナと雪の女王』シリーズでエルサを演じているイディナ・メンゼルとアナを演じているクリスティン・ベルが、ハリウッドの殿堂入りを果たした。

最新ニュース ゴシップ
イディナ・メンゼル&クリスティン・ベル (C) Getty Images
  • イディナ・メンゼル&クリスティン・ベル (C) Getty Images
  • イディナ・メンゼル&クリスティン・ベル&ジョシュ・ギャッド (C) Getty Images
  • イディナ・メンゼル&クリスティン・ベル (C) Getty Images
  • イディナ・メンゼル -(C) Getty Images
  • クリステン・ベル-(C)Getty Images
  • イディナ・メンゼル-(C)Getty Images
  • クリスティン・ベル-(C)Getty Images
『アナと雪の女王』シリーズでエルサを演じているイディナ・メンゼルとアナを演じているクリスティン・ベルが、ハリウッドの殿堂入りを果たした。パンテージ劇場の前に、それぞれ2681番目と2682番目の星型プレートが刻まれた。

2人はそろって火曜日(現地時間)に開催されたセレモニーに出席。イディナは真っ赤なドレス、クリスティンは対照的に真っ白なドレス姿で登場した。

ユーモラスな性格で知られるクリスティンは、記念スピーチでもクリスティン節を炸裂させ、笑いを誘った。まずは、「“プリティ・ウーマン”がお金のために体を売った神聖なストリートで、セレモニーに参加できてとてもうれしいです」とハリウッドの殿堂が『プリティ・ウーマン』のロケ地であることにかけてジョーク。

さらに、「この星型プレートの本当の価値を知ることができるのは、ここで誰かがひったくりと格闘して、犯人がカバンを『Let It Go』(放せ)って叫ぶときだと思います。被害者が犯人を見上げて『それ、彼女の歌じゃないから。バカじゃないの!』って言うんです。そのときやっと、私は本当に成功したと思うことができるでしょう」とスピーチ。

『アナと雪の女王』で大ヒットした「レット・イット・ゴー」エルサ役のイディナの歌であり、自分は歌っていないということを自虐的に周囲に再認識させ、笑わせた。
《Hiromi Kaku》

特集

関連記事

特集

page top