『ミッドサマー』20年2月21日公開決定、明るさ恐ろしい予告編も

『ミッドサマー』の日本公開日が、来年2月21日(金)に決定。予告編とポスタービジュアルも到着した。

映画 洋画ニュース
体験した者は二度と元には戻れない、アリ・アスター監督が贈る“フェスティバル・スリラー”『ミッドサマー』の日本公開日が、来年2月21日(金)に決定。予告編とポスタービジュアルも到着した。

>>『ミッドサマー』あらすじ&キャストはこちらから

公開された予告編では、若手女優フローレンス・ピューが演じる主人公ダニーが、恋人のクリスチャン(ジャック・レイナー)、その友人たちと5人で、スウェーデンの奥地の村で行われる“90年に一度の祝祭”に参加する旅行に行くシーンからスタート。

『ミッドサマー』(C) 2019 A24 FILMS LLC. All Rights Reserved.
冒頭で「楽園」と語っているこの祝祭。21時だというのに昼間のように明るく、ほとんど太陽が沈むことのない白夜の中、美しい花々と美味しい食べ物、そして優雅に舞い踊る人々が映し出されている。

しかし、それは想像を絶する悪夢の始まり。映像後半からは、「見張ってやがる」「今すぐ逃げないと」というセリフや、叫び声、血…不穏な雰囲気が漂っている。


『ミッドサマー』は2020年2月21日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国にて公開。
《cinemacafe.net》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top