『閉鎖病棟』中国版アカデミー賞でW受賞、笑福亭鶴瓶が最優秀男優賞

『閉鎖病棟―それぞれの朝―』が「第28回金鶏百花映画祭」の外国映画部門で最優秀男優賞と最優秀作品賞をW受賞したことが分かった。

映画 邦画ニュース
『閉鎖病棟―それぞれの朝―』(C)2019「閉鎖病棟」製作委員会
  • 『閉鎖病棟―それぞれの朝―』(C)2019「閉鎖病棟」製作委員会
  • 名古屋で行われた落語会の壇上でトロフィーを披露する笑福亭鶴瓶 『閉鎖病棟―それぞれの朝―』(C)2019「閉鎖病棟」製作委員会
  • 『閉鎖病棟―それぞれの朝―』(C)2019「閉鎖病棟」製作委員会
  • 受賞したトロフィーと賞状が会場のロビーに展示され、観客が記念に写真を撮っている様子 『閉鎖病棟―それぞれの朝―』(C)2019「閉鎖病棟」製作委員会
  • 第28回金鶏百花映画祭 『閉鎖病棟―それぞれの朝―』(C)2019「閉鎖病棟」製作委員会
  • 第28回金鶏百花映画祭 『閉鎖病棟―それぞれの朝―』(C)2019「閉鎖病棟」製作委員会
  • 第28回金鶏百花映画祭 『閉鎖病棟―それぞれの朝―』(C)2019「閉鎖病棟」製作委員会
  • 第28回金鶏百花映画祭 『閉鎖病棟―それぞれの朝―』(C)2019「閉鎖病棟」製作委員会
帚木蓬生原作、精神科病棟を舞台にした『閉鎖病棟―それぞれの朝―』が現在公開中。この度、中国版アカデミー賞「第28回金鶏百花映画祭(Golden Rooster & Hundred Flowers Film Festival)」の外国映画部門で本作が最優秀男優賞と最優秀作品賞をW受賞したことが分かった。

>>『閉鎖病棟―それぞれの朝―』あらすじ&キャストはこちらから

中国の映画業界関係者、製作者、そして一般人からの投票も含め大賞を決定する「金鶏百花映画祭」。開催地は毎年変更され、今年は廈門(アモイ)にて行われた。

外国映画部門の授賞式には、11月22日に行われ、平山秀幸監督、三宅はるえプロデューサーが出席。今回最優秀男優賞を受賞した笑福亭鶴瓶は、死刑囚でありながら、刑の執行が失敗し、いまは精神科病棟にいる秀丸役を演じている。

第28回金鶏百花映画祭 『閉鎖病棟―それぞれの朝―』(C)2019「閉鎖病棟」製作委員会
受賞にあたり、鶴瓶さんは「本当にみんなが望んでいた作品だったものですから、僕が皆さんの代わりに受賞したということで非常に光栄に思います。特に文化の違う中国で選んでいただいたのはありがたいです」と思いを明かしている。

また、授賞式に参加出来なかった鶴瓶さんは、11月24日に名古屋市内で行われた自身の落語会檀上にて、賞状とトロフィを観客に披露。喜びの報告をファンに行った。

名古屋で行われた落語会の壇上でトロフィーを披露する笑福亭鶴瓶 『閉鎖病棟―それぞれの朝―』(C)2019「閉鎖病棟」製作委員会
そしてワゴンに載せられた賞状をバックに、トロフィを掲げた鶴瓶さんの写真撮影会がスタート。「皆、写真撮って拡散して。とにかく皆に広めて欲しい」と言いながら、ポーズを取ってファンにサービス。これには、観客も大喜びの様子だったという。

『閉鎖病棟―それぞれの朝―』は全国にて公開中。
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top