笑福亭鶴瓶「感謝します」『閉鎖病棟』Kが歌う主題歌入り予告編解禁

笑福亭鶴瓶が主演をつとめ、綾野剛、小松菜奈と共演する映画『閉鎖病棟―それぞれの朝―』からアーティスト・Kによる主題歌入り予告編と本ポスタービジュアルが解禁。

映画 邦画ニュース
『閉鎖病棟―それぞれの朝―』(C)2019「閉鎖病棟」製作委員会
  • 『閉鎖病棟―それぞれの朝―』(C)2019「閉鎖病棟」製作委員会
  • 『閉鎖病棟―それぞれの朝―』本ビジュアル(C)2019「閉鎖病棟」製作委員会
  • 『閉鎖病棟―それぞれの朝―』(C)2019「閉鎖病棟」製作委員会
  • 『閉鎖病棟ーそれぞれの朝ー』(C)2019「閉鎖病棟」製作委員会
  • 映画『閉鎖病棟(仮)』メイキング
笑福亭鶴瓶が7kgの減量を経て『ディア・ドクター』以来10年ぶりの主演をつとめ、綾野剛、小松菜奈と共演する映画『閉鎖病棟―それぞれの朝―』。この度、韓国出身のアーティスト・Kが“日本語の師匠”である鶴瓶さんのために本作の主題歌を書き下ろし、その主題歌入り予告編と本ポスタービジュアルが解禁となった。

>>『閉鎖病棟―それぞれの朝―』あらすじ&キャストはこちらから

主題歌「光るソラ蒼く」が登場人物を優しく包み込む予告編


『閉鎖病棟―それぞれの朝―』本ビジュアル(C)2019「閉鎖病棟」製作委員会
今回解禁となった予告編の冒頭は、法廷シーン。そこでみせる秀丸(笑福亭鶴瓶)の表情は観る側に哀しさと虚しさを与えるもの。さらに秀丸と心を通わせるチュウさん(綾野剛)や父親からDVを受け入院した由紀(小松菜奈)ら、閉鎖病棟で暮らす人々を映し出されていく。

病棟での日々の描写、そこから繰り広げられる数々の出来事。主題歌「光るソラ蒼く」を歌うKの“天使の歌声”は患者たちの“葛藤”や“決意”を優しく包み込むが、最後のシーンでは…。


Kにとって、鶴瓶さんは日本語教師


2004年に来日したKさんは、独学で日本語を猛勉強。お笑いのTV番組を見て、日本語を勉強したという。その中でも、特に鶴瓶さんの番組を好んでよく見ていたそうで、鶴瓶さんが話す落ち着いたトーンで、はっきりとした関西弁と笑いを伴う会話は、Kさんにとって最適な日本語の教材となっていたとか。

その後、TVの収録で偶然、鶴瓶に会ったKさんは、普通に日本語で挨拶をした後、雑談を繰り広げ意気投合。この出会いをきっかけに交友が始まり、2017年には鶴瓶さんのレギュラーラジオ番組「ヤングタウン日曜日」にゲスト出演し、生歌を2曲披露したことも。Kさんは鶴瓶さんの人柄に感激し、いつか、鶴瓶さんが出演する作品で歌を歌いたいと思っていた矢先に、本作の主題歌に抜擢され、2年越しで夢が叶ったことになった。

9年ぶりに映画主題歌を担当!


韓国・ソウル出身のJ-POPシンガーソングライターであるKさんは、その並外れた歌唱能力を活かし、2005年3月、TBSドラマ「H2」の主題歌「over...」でデビュー。同年のフジテレビドラマ「1リットルの涙」の主題歌に起用された「Only Human」は初登場から7週連続10位チャートインを記録、日本中に彼の名が広がるきっかけとなった。

「『Only Human』を聞いて以来、その優しく、透き通った歌声に注目していました。彼が歌い上げるバラードは包容力を感じさせ、様々な事情を抱えた登場人物が繰り広げるヒューマンドラマのエンドロールを彩るのにふさわしいと思い、オファーしました」と、製作にあたった東映の企画調整部長・村松秀信は起用理由をコメント。

Kさんが映画主題歌を手掛けるのは、9年ぶり、3度目となるが、今回の主題歌制作にあたり、初めて撮影現場に何度も訪問。長野県小諸市にある小諸高原病院でロケが行われた際は、作品の雰囲気を肌で感じ取ることに加えて、実際に入棟している患者たちの生の声を聞き、曲作りのヒントを模索したという。

映画『閉鎖病棟(仮)』メイキング
また、長野県上田市でロケ撮影されたラストシーンを見学した際は、鶴瓶さん演じる秀丸が希望を見出す重要なシーンということもあり、雪がちらつく1月の寒空の中、4時間以上も真剣な眼差しで鶴瓶の熱演を見守っていたとか。

曲を書き上げた後も、映画製作サイドと詳細なやり取りを重ね、曲をブラッシュアップ、平山秀幸監督の“素朴に力強く”という要望通りに、「光るソラ蒼く」を完成させた。

「『ええ曲作れよ!』と暖かく背中を押してもらいました」とK


『閉鎖病棟―それぞれの朝―』(C)2019「閉鎖病棟」製作委員会
「人は必ず自分じゃない誰かの支えがあって生きてる事を強く信じて欲しいという思いで作りました。だからこそなるべくシンプルで素直に歌う事に気をつけました」とKさん。現場で対面した鶴瓶さんに、「秀丸さんの役を演じる瞬間だけは僕が今まで知っていた鶴瓶さんとは全く別人に見えました。役のために体重を落としてその人に成り切る職人魂に胸が震えたことを覚えてます」と強烈な印象を抱いたといい、「『この映画はほんまにええ作品やからええ曲作れよ!』と暖かく背中を押してもらいました」と明かす。

また、鶴瓶さんは撮影現場を訪れたKさんに、「こんなに素晴らしい曲を作ってくれて嬉しかったです。この映画は本当に人にやさしい映画でその『やさしい』がこの曲に全て入っています。Kに感謝します」とコメントを寄せている。

『閉鎖病棟ーそれぞれの朝ー』は11月1日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top