田中圭が日本代表選手を支えるテストジャンパーに、長野五輪の感動物語を映画化

田中圭が主演を務める映画『ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~』の公開が決定。

映画 邦画ニュース
田中圭×1994年リレハンメル五輪・西方仁也・スキージャンプ(C)YOSHITOMO TAKASHIMA 毎日新聞社提供
  • 田中圭×1994年リレハンメル五輪・西方仁也・スキージャンプ(C)YOSHITOMO TAKASHIMA 毎日新聞社提供
  • 1994年リレハンメル五輪・スキージャンプ団体銀メダル受賞写真 毎日新聞社提供
  • 1998年長野五輪・テストジャンパー集合写真
田中圭が主演を務める映画『ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~』の公開が決定。1998年長野五輪にてスキージャンプ団体悲願の金メダルを獲った。この栄光を陰で支えた25人のテストジャンパーたちの知られざる感動秘話が描かれる。

1998年長野五輪。日本スキージャンプチームは国民の期待を一身に背負ってラージヒル団体で日本初の金メダルを狙っていた。そこに、エース原田のジャンプを特別の想いで見守る男、元日本代表・西方仁也。前回大会・リレハンメル五輪で西方は原田と共に代表選手として出場。西方は金メダル目前だったが、原田がジャンプを失敗。銀メダルに甘んじた。

西方は4年後の長野五輪での雪辱を誓い練習に打ち込むが、腰の故障により代表を落選。そんな中、テストジャンパー(※競技前にジャンプ台に危険がないかを確かめ、競技中に雪が降った際には何度も飛んでジャンプ台の雪を踏み固めるジャンパー)として長野五輪に参加して欲しいと依頼される。そして、五輪本番。団体戦の1本目のジャンプでまたしても原田が失敗、日本は4位に後退。しかも猛吹雪により競技が中断。そんな中、審判員たちの判断は「テストジャンパー25人が全員無事に飛べたら競技再開する」というものに――。

1994年リレハンメル五輪・スキージャンプ団体銀メダル受賞写真 毎日新聞社提供1994年リレハンメル五輪・スキージャンプ団体銀メダル受賞写真 毎日新聞社提供
長野五輪で吹雪による競技中断。競技が再開できるかを図るために行われた、西方さん率いる25人のテストジャンパーたちの決死のテストジャンプを、史実に基づいてダイナミックに描く本作。

「おっさんずラブ」シリーズなどでいま大人気の田中さんが演じるのは、スキージャンパーとして日本代表を牽引するも、故障で代表落選。テストジャンパーとなって日本代表選手たちを裏方として支える主人公・西方仁也。

「冬は寒いので苦手」だという田中さんだが、「この作品のおかげでワクワクしています。雪山も楽しみです」と撮影が待ち遠しいと話す。さらに「スタッフ・キャスト全員で一丸となって、映画のK点越えを目指していきたいと思います!楽しみにしていてください!応援宜しくお願いします!」と熱い意気込みを語った。

そして西方さんは「1998年の長野オリンピックで日本が団体戦(チームジャンプ)で金メダルを取ることができた事が映画化されることで、金メダルを取れた選手とテストジャンパー達の気持ちが一つになって獲得できたという事実が、伝えられたらいいと思います」とコメントを寄せている。

監督は「荒川アンダー ザ ブリッジ」の飯塚健が務め、2020年1月~2月に撮影。実際に長野五輪のスキージャンプが行われた長野県白馬村でも撮影が行われる。

1998年長野五輪・テストジャンパー集合写真1998年長野五輪・テストジャンパー集合写真
『ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~』は2020年6月、全国東宝系にて公開予定。
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top