ディズニー、『猿の惑星』新作を製作へ 監督は『メイズ・ランナー』のウェス・ボール

『猿の惑星』が再び帰ってくる。『猿の惑星』といえばFOX作品として有名だが、FOX買収によって初めてディズニーが手掛けることになるという。

最新ニュース ゴシップ
ウォルト・ディズニー -(C)Getty Images
  • ウォルト・ディズニー -(C)Getty Images
  • 21世紀フォックス-(C)Getty Images
『猿の惑星』が再び帰ってくる。『猿の惑星』といえばFOX作品として有名だが、FOX買収によって初めてディズニーが手掛けることになるという。「The Hollywood Reporter」などによると、現在企画の初期段階であるものの、監督には『メイズ・ランナー』のウェス・ボールに決定しているとのこと。

『猿の惑星』は、ピエール・ブールの同名小説を原作とし、1968年にチャールトン・ヘストン主演で初めて映画化された。1973年の『最後の猿の惑星』まで5本の作品にシリーズ化。1974年にはテレビドラマ化もされた。

それから約20数年を経て、2001年にティム・バートンがマーク・ウォールバーグ主演の『PLANET OF THE APES/猿の惑星』を監督。

2011年にはリブート版『猿の惑星:創世記』が大ヒット。2014年に『猿の惑星:新世紀』、2017年に『猿の惑星:聖戦記』が公開され三部作となり、完結した。

ボール監督がメガホンを取ることになる最新作の『猿の惑星』は、前作とつながりがあるものなのか、新たなリブート作品になるのかは明らかになっていない。

ボール監督はFOX作品の『Mouse Guard』を監督予定だったが、ディズニーがFOXを買収したことで立ち消えになっていた。
《Hiromi Kaku》

特集

関連記事

特集

page top