エル・ファニングが歌声披露で新境地 ケイティ・ペリーやガガをお手本に

『ティーンスピリット』で本格的な歌唱を披露しているエル・ファニングが、ポップスターを夢見る主人公を演じるために行った役作りについて明かした。

映画 洋画ニュース
『ティーンスピリット』(C) 2018 VIOLET DREAMS LIMITED.
  • 『ティーンスピリット』(C) 2018 VIOLET DREAMS LIMITED.
  • 『ティーンスピリット』(C) 2018 VIOLET DREAMS LIMITED.
  • 『ティーンスピリット』(C) 2018 VIOLET DREAMS LIMITED.
  • 『ティーンスピリット』(C) 2018 VIOLET DREAMS LIMITED.
  • 『ティーンスピリット』(C) 2018 VIOLET DREAMS LIMITED.
  • 『ティーンスピリット』 (C)2018 VIOLET DREAMS LIMITED.
エル・ファニングが主演を務め、『ラ・ラ・ランド』のスタッフが再結集した『ティーンスピリット』。『マレフィセント』シリーズなどで知られるエルが本格的な歌唱を披露していることでも話題だが、ポップスターを夢見る主人公を演じるために行った役作りについて明かした。

>>『ティーンスピリット』あらすじ&キャストはこちらから

2歳8か月でデビューして以降、『SOMEWHERE』『SUPER8 スーパーエイト』『マレフィセント』など数多くの作品に出演し、透明感とスイートな魅力で映画ファンを虜にしてきたエル・ファニング。いまやハリウッドから絶大な支持を集めると同時に、若手俳優の代表格として出演オファーが絶えない状況の中、最新作となる『ティーンスピリット』で圧倒的なパフォーマンスで歌い上げる姿は新境地といっても過言ではない。

『ティーンスピリット』(C) 2018 VIOLET DREAMS LIMITED.
本作はイギリスの田舎町で暮らす、歌うことが好きな内気な主人公・ヴァイオレットが、国際的に有名な人気オーディション番組「ティーンスピリット」に挑戦し、歌手になるという夢を掴もうと励むストーリー。さらに、『ラ・ラ・ランド』の音楽スタッフがアレンジを手掛けたケイティ・ペリーやアリアナ・グランデ、カーリー・レイ・ジェプセンといったヒット・チャートを賑わす人気アーティストの楽曲が物語を彩る。

今回、歌手を夢見る少女という役どころを演じるにあたり、エルはロビンの「ダンシング・オン・マイ・オウン」やエリー・ゴールディングの「ライツ」、シグリッドの「ドント・キル・マイ・ヴァイブ」といったヒットソングを吹き替えなしで歌っている。そのパフォーマンスはすでに予告編でも解禁されており、SNSでは「エル・ファニング、歌も歌うの知らなかった。しかもめちゃくちゃ良い。無敵!」と驚きの声があがっている。


そんな彼女が、本作に挑むにあたって参考にしたのは世界的なポップスターたち。「ケイティ・ペリーとレディー・ガガのドキュメンタリーを見ました。グウェン・ステファニーは大好きだし、テイラー・スウィフトやアリアナ・グランデのライブも見ました」と、ヴァイオレットが実際に真似しそうなアーティストにたくさん触れたり、聞くようにしていたという。

さらに、「最後のパフォーマンスはリアーナを参考にした部分もあります。HIPHOPのヴァイブスをヴァイオレットに持って欲しかったので」と自身の演じる役どころへの飽くなき探求心を披露したエル。自ら出演を熱望し、3か月にも及ぶボストレーニングの末に勝ち取ったというエルの本気度と新たな新境地に注目だ。

『ティーンスピリット』(C) 2018 VIOLET DREAMS LIMITED.
『ティーンスピリット』は2020年1月10日(金)より角川シネマ有楽町、新宿ピカデリーほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top