広瀬すず、父への不満を歌でシャウト! 吉沢亮は酔って激変!?『一度死んでみた』予告

広瀬すず主演『一度死んでみた』より、先日発表された23名の超豪華俳優陣たちが加わった本予告編と本ポスタービジュアルが到着した。

映画 邦画ニュース
広瀬すず、吉沢亮、堤真一、松田翔太、城田優、佐藤健ら豪華俳優が集結した映画『一度死んでみた』より、先日発表された23名の超豪華俳優陣たちが加わった本予告編と本ポスタービジュアルが到着した。

>>『一度死んでみた』あらすじ&キャストはこちらから

今回到着した予告編では、コメディ映画初挑戦となる広瀬さん演じる七瀬が、癖のある“デス”口調で話すシーンから始まり、“反抗期こじらせ女子”をコミカルに演じる広瀬さんのこれまでに見たことのない姿が映し出されている。またライブシーンもあり、ロックな衣装を着て「死んでくれ~!」と父への不満を歌でシャウトする姿も公開。

『一度死んでみた』 (C)2020 松竹 フジテレビジョン
そして、実験で“2日だけ死んじゃう薬”を飲んだ父・計(堤さん)が、ライバル会社の陰謀で本当に火葬されてしまいそうになる場面や、七瀬と計の部下・松岡(吉沢さん)が結託し、そのピンチを救おうと奮闘する姿もコミカルに登場。


さらには、普段は存在感が無さすぎて“ゴースト”と呼ばれている松岡が、酔っ払ってビールを片手に激変する場面や、リリー・フランキー、小澤征悦、嶋田久作、木村多江、松田さんなど、日本を代表する超豪華俳優陣も続々と映像に映し出される。

『一度死んでみた』 (C)2020 松竹 フジテレビジョン
そしてポスタービジュアルでは、幽霊になった父と、困り顔の松岡につかみかかる七瀬を中心に、その周りには様々な表情の登場人物たちが配置されている。

また、本作の劇伴はヒャダインが担当することも決定。映画の劇伴音楽としては『海月姫』(’14)に続き本作が2作目。

『一度死んでみた』(C)2020 松竹 フジテレビジョン
楽曲についてヒャダインさんは「曲作りにあたっては主軸であるメタルロックを中心に個性あふれるキャラクターごとに曲のジャンルも変え、各人が華やぐようにカラフルな曲を作りました」と明かし、「そして何より広瀬すずさんの歌唱!さいっこうデス!!魂の叫びデス!本職のメタラーの知り合いに直伝してもらったヘドバンやライブパフォーマンスもめっちゃかっこいいデス!!!僕はもう何回もこの映画を観ましたが何回も笑います!みなさんの演技が自由すぎて令和って感じデス!!!」と作品についてもコメントしている。

『一度死んでみた』は2020年3月20日(金・祝)より全国にて公開。
《cinemacafe.net》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top