降谷建志&MEGUMIの長男が俳優デビュー「面白い表現が出来る役者に」『ラストレター』

岩井俊二監督最新作『ラストレター』で、「Dragon Ash」の降谷建志と女優のMEGUMIの長男・降谷凪が俳優デビューを果たすことになった。

映画 邦画ニュース
『ラストレター』降谷凪 (C)2020「ラストレター」製作委員会
  • 『ラストレター』降谷凪 (C)2020「ラストレター」製作委員会
  • 『ラストレター』降谷凪 (C)2020「ラストレター」製作委員会
  • 『ラストレター』(C)2020「ラストレター」製作委員会
  • 『Last Letter』出演者
  • 『ラストレター』(C)2020「ラストレター」製作委員会
  • 岩井俊二監督
岩井俊二監督のもと、松たか子、広瀬すず、神木隆之介、福山雅治ら豪華キャストが出演する『ラストレター』。この度、松さんの息子役に、「Dragon Ash」の降谷建志と女優のMEGUMIの長男・降谷凪が抜擢、俳優デビューを果たすことになった。

>>『ラストレター』あらすじ&キャストはこちらから

今回新たに、松さん演じる裕里と庵野秀明演じる・宗次郎の息子・岸辺野瑛斗役に決定したのは、降谷凪(ふるや なぎ)。名優・古谷一行を父に持つ降谷さんと、「おっさんずラブ-in the sky-」などに出演する女優・MEGUMIさんの長男で、本作で俳優デビュー。

撮影前、瑛斗役のオーディションが行われたが、なかなか岩井監督のイメージに合う瑛斗が見つからず、何度かオーディションを行い、約200名の中から降谷さんが選ばれたという。

『ラストレター』降谷凪 (C)2020「ラストレター」製作委員会
フレッシュでありながらも豪華俳優陣の中でも物怖じしない堂々とした演技は、とても俳優デビューの初出演作品とは思えない、自然な瑞々しい印象をスクリーンに映し出している。

「休み時間には、岩井監督にオモチャでいたずらをしたりしました。触ったら変形するオモチャで、監督に渡したら『わー!』ととても大きな声で驚いていました」と、降谷さんは初めての映画撮影の現場を楽しみながらも、「『ラストレター』で経験したことや気持ちを大切に、面白い表現が出来る役者になりたい」と、今後の活躍も期待させるコメントを寄せている。

『ラストレター』は2020年1月17日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top