トニー賞4冠&グラミー賞受賞の傑作ミュージカル『イン・ザ・ハイツ』2020年夏公開

ミュージカル界のみならずエンターテインメント業界にその名を轟かす『モアナと伝説の海』『メリー・ポピンズ リターンズ』「ハミルトン」のリン=マニュエル・ミランダの同名ミュージカルを映画化した『イン・ザ・ハイツ』が、2020年夏に日本公開決定。

映画 洋画ニュース
『イン・ザ・ハイツ』
  • 『イン・ザ・ハイツ』
  • 『イン・ザ・ハイツ』
『モアナと伝説の海』『メリー・ポピンズ リターンズ』「ハミルトン」など、ミュージカル界のみならずエンターテインメント業界にその名を轟かすリン=マニュエル・ミランダの同名ミュージカルを映画化した『イン・ザ・ハイツ』(原題:In the Heights)が、2020年夏に日本公開決定。US版予告編と場面写真が解禁となった。

本作は、ピューリッツァー賞、グラミー賞、エミー賞、トニー賞を受賞し、ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームにもその名を刻み、作詞・作曲家、脚本家、俳優、ラッパーと多才ぶりを発揮するリン=マニュエル・ミランダによる同名ミュージカルが原作。

その実力と人気を世界に認めさせたのは、「世界中で最もチケットが取れないミュージカル」と異例の人気で社会現象を巻き起こしているブロードウェイ・ミュージカル「ハミルトン」だ。トニー賞最優秀作品賞をはじめ11部門を受賞、そのあまりのクオリティと楽曲の鮮烈さに世界中から観客が押し寄せている。

そんな彼のデビュー作にして、トニー賞で作品賞と楽曲賞を含む4部門受賞(13部門ノミネート)など、国内外で高い評価を受けた「イン・ザ・ハイツ」は、映像化が長らく望まれながらも実現することのなかった傑作ミュージカル。映画化権争奪の末、ついに待望の映画化となった。

『イン・ザ・ハイツ』
ディズニーアニメーション『モアナと伝説の海』でラップを含む映画音楽の作詞・作曲を手掛けたミランダだが、自身の宝物ともいえる『イン・ザ・ハイツ』への力の入れようは別格。原案のみならず、製作、作詞・作曲でも全力を注ぎ、主要キャストにアジア系俳優のみを起用し全米3週連続No.1、さらには世界中で大ヒットとなった『クレイジー・リッチ!』('18)のジョン・M・チュウ監督とタッグ。ミュージカル史上最高にダイナミックで情熱的な歌とダンスが、世界に新しい旋風を巻き起こす。


キャストには、『アリー/スター誕生』でアリー(レディー・ガガ)の親友役を演じたアンソニー・ラモス、『キングコング:髑髏島の巨神』やNetflix『6アンダーグラウンド』のコーリー・ホーキンズ、シンガーソングライターのレスリー・グレースが集結し、新たな傑作ミュージカル映画を贈りだす。

今回解禁された予告編映像は、変わりゆくN.Y.の一角にある“ワシントンハイツ”に住むウスナビ(アンソニー・ラモス)をはじめ夢追う人たちが集う街を舞台に、ラテンのリズムと躍動感あるヒップホップの詞、建物の外壁で垂直に踊るアッと驚くダンスシーンや、人々が一斉にプールや路上でダンスする躍動感あふれるダンスシーンが満載。

広告の後にも続きます
歌の盛り上がりともに「今こそ、音楽で、夢に、踏み出そう!」というメッセージにも心が沸き立つ映像となっている。

『イン・ザ・ハイツ』は2020年夏、全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top