『キャッツ』ヴィクトリア目線の日本限定予告&キャラポスターも

『キャッツ』より、主人公のヴィクトリアの目線で描かれる日本限定予告が到着。また、キャッツたちをそれぞれ写したキャラクタービジュアルも併せて公開された。

映画 洋画ニュース
映画『キャッツ』より、主人公のヴィクトリアの目線で描かれる日本限定予告が到着。また、キャッツたちをそれぞれ写したキャラクタービジュアルも併せて公開された。

>>『キャッツ』あらすじ&キャストはこちらから

今回到着した予告映像では、フランチェスカ・ヘイワード演じる白猫のヴィクトリアがロンドンの街に迷い込み、個性あふれるジェリクルキャッツたちと出会う。そして歌い、ダンスをする様々なキャッツたちが登場。少し聴くことが出来る圧巻の歌声は必聴だ。


新しい人生を生きることが許されるたった一匹の猫が選ばれるという、一生に一度、一夜だけの特別な舞踏会。果たして、ヴィクトリアはどのような一夜を過ごし、奇跡を体験するのか? 物語の全貌が少し垣間見える映像となっている。

グリザベラ(ジェニファー・ハドソン)『キャッツ』(C)2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.  
また、同時に到着したキャラクターポスタービジュアルでは、ヴィクトリアをはじめ、妖艶な猫ボンバルリーナ(テイラー・スウィフト)、名曲「メモリー」で魂の歌声を響かせるグリザベラ(ジェニファー・ハドソン)、猫たちの偉大な長老オールドデュトロノミー(ジュディ・デンチ)、キャッツ界イチのワイルド猫ラム・タム・タガー(ジェイソン・デルーロ)、それぞれの姿を写し出している。

ボンバルリーナ(テイラー・スウィフト)『キャッツ』(C)2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.  
さらに、各キャラクターを体現したコピーが添えられており、ヴィクトリアの「誰かに必要とされたくて、ここまで来た。」や、グリザベラの「私を支えるのも、傷つけるのも、美しい思い出。」など、メッセージ性が強いポスターに仕上がっている。

オールドデュトロノミー(ジュディ・デンチ)『キャッツ』(C)2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.  
『キャッツ』は2020年1月24日(金)より全国にて公開。
《cinemacafe.net》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top