平成の名曲を歌い継ぐ特別企画も「輝く!日本レコード大賞」4時間半の生放送

今年で61回目を迎える「輝く!日本レコード大賞」が12月30日(月)TBS系でオンエア。昨年に引き続きTBSアナウンサーの安住紳一郎と女優の土屋太鳳が総合司会を務め、4時間30分にわたる音楽の祭典が繰り広げられる。

最新ニュース スクープ
「第61回輝く!日本レコード大賞」司会を務める安住紳一郎TBSアナウンサー(左)と土屋太鳳(右)(C)TBS
  • 「第61回輝く!日本レコード大賞」司会を務める安住紳一郎TBSアナウンサー(左)と土屋太鳳(右)(C)TBS
1959年の放送から60年、今年で61回目を迎える「輝く!日本レコード大賞」が12月30日(月)TBS系でオンエア。昨年に引き続きTBSアナウンサーの安住紳一郎と女優の土屋太鳳が総合司会を務め、4時間30分にわたる音楽の祭典が繰り広げられる。

現時点で発表されている各賞は、優秀作品賞がLittle Glee Monsterの「ECHO」、三浦大知の「片隅」、欅坂46の「黒い羊」、AKB48の「サステナブル」、純烈の「純烈のハッピーバースデー」、乃木坂46の「Sing Out!」、氷川きよしの「大丈夫」、日向坂46の「ドレミソラシド」、DA PUMPの「P.A.R.T.Y.~ユニバース・フェスティバル~」、Foorinの「パプリカ」。

新人賞が海蔵亮太、新浜レオン、BEYOOOOONDS、彩青。

特別賞が菅田将暉、竹内まりや、米津玄師。

最優秀アルバム賞がTHE YELLOW MONKEYの「9999」。

優秀アルバム賞が矢沢永吉の「いつか、その日が来る日まで…」、あいみょんの「瞬間的シックスセンス」、King Gnuの「Sympa」、夏川りみの「美らさ愛さ」。

最優秀歌唱賞には市川由紀乃。作曲賞には氷川さんの「限界突破×サバイバー」を手掛けた岩崎貴文。作詩賞には「雪恋華」「最北シネマ」の石原信一。編曲賞にはスキマスイッチ「青春」の大橋卓弥と常田真太郎。

企画賞には森口博子の「GUNDAM SONG COVERS」、高田夏帆の「大航海2020 ~恋より好きじゃ、ダメですか?ver.~」、ちあきなおみの「微吟」、伊藤蘭の「My Bouquet」、ジェジュンの「Love Covers」、ゴールデンボンバーの「令和」。

日本作曲家協会選奨として丘みどり。功労賞は金井克子、園まり、袴田宗孝、ビリー・バンバン。特別功労賞は有馬三恵子、内田裕也、千家和也、萩原健一。

また音楽文化の発展に寄与し、日本レコード大賞へ多大な貢献をもたらした者に贈られる賞として新設された特別音楽文化賞には、今年7月逝去したジャニー喜多川氏が選ばれた。

今回は平成をふり返る企画として平成の時代に惜しまれつつ亡くなったアーティストの名曲を歌い継ぐ特別企画も実施。尾崎豊の「I LOVE YOU」をEXILE ATSUSHIが。河島英五の「酒と泪と男と女」を島津亜矢が、ZARDの「揺れる想い」を吉田羊と鈴木梨央が、萩原健一の「神様お願い!」をKAT-TUNの亀梨和也がそれぞれ歌唱するので、こちらもお楽しみに。

「輝く!日本レコード大賞」は12月30日(月)17時30分~TBS系で生放送。
《笠緒》

特集

関連記事

特集

page top