賀来賢人に大沢たかおが太鼓判「稀有な存在の俳優」『AI崩壊』

『AI崩壊』主演・大沢たかおが、義理の兄弟を演じる初共演の賀来賢人に絶賛を贈っていることが分かった。

映画 邦画ニュース
『AI崩壊』(c)2019映画「AI崩壊」製作委員会
  • 『AI崩壊』(c)2019映画「AI崩壊」製作委員会
  • 『AI崩壊』(c)2019映画「AI崩壊」製作委員会
  • 『AI崩壊』(c)2019映画「AI崩壊」製作委員会
  • 『AI崩壊』(c)2019映画「AI崩壊」製作委員会
  • 『AI崩壊』(c)2019映画「AI崩壊」製作委員会
  • 『AI崩壊』(c)2019映画「AI崩壊」製作委員会
  • 『AI崩壊』(c)2019映画「AI崩壊」製作委員会
  • 『AI崩壊』(c)2019映画「AI崩壊」製作委員会
大沢たかおを主演に迎え、入江悠監督がAIをテーマにオリジナル脚本で挑むサスペンス超大作『AI崩壊』。本作で大沢さん演じるAI開発者・桐生の義理の弟・西村悟を演じるのが、「今日から俺は!!」でのコミカルなキャラクターで一躍ブレイクし、「ニッポンノワール ―刑事Yの反乱―」で見せたシリアスな演技も話題となっている賀来賢人。

大沢さんは「賀来君は演技力があるし、彼の年代では稀有な存在の俳優。これからもっと人気が出て活躍すると思います」と絶賛。賀来さんがこれまで培ってきた演技力に太鼓判を押しており、その人気に火が付くのは必然だったようだ。

>>『AI崩壊』あらすじ&キャストはこちらから

賀来さんは2007年の映画『Little DJ ~小さな恋の物語~』で俳優デビューを果たし、2009年に映画『銀色の雨』で初主演。NHK連続テレビ小説「花子とアン」や大河ドラマ「花燃ゆ」などに出演し、数々の舞台にも出演しながら演技力を磨いていった。

そして2018年「今日から俺は!!」の振り切ったコミカルな演技と男気溢れるアクションのギャップで一躍人気となり、今年は「ニッポンノワール」が話題を呼んだばかり。そんな賀来さんの活躍を見ていたという大沢さん。本作で初共演を果たしたが、賀来さんの撮影現場での役者としての振る舞いや役への姿勢を見て、人気が出るのは必然だと思ったという。

現場での対応力は「彼の年代では稀有な存在」


『AI崩壊』(c)2019映画「AI崩壊」製作委員会
本作では大沢さん演じる桐生と賀来さん演じる西村の掛け合いが物語の核となっており、2人の関係性が重要だった。そんな中、大沢さんが本番で台本に書かれていない微妙なニュアンスや表情をアドリブで見せると、賀来さんもその演技を瞬時に理解して演技で応え、臨機応変な演技力が素晴らしかったと絶賛を贈る。

「賀来君がすごいのは、現場で演出が変わってもすぐに合わせてくれる所でした。入江監督の指示をすぐに理解し、瞬時に応える。それと僕が演技のニュアンスを少し変えると、彼も僕に合わせて演じてくれるんです。本当に優秀だなと思いましたし、彼の年代では稀有な存在の俳優さんだと思いました」。

「今後さらに人気になるんじゃないかな」


さらに、「そうした姿を見て人気の理由が分かりましたし、むしろ今後さらに人気になるんじゃないかな」と、賀来さんの人気の秘密を明かしている。そんな2人は本作で義理の兄弟を熱演。大沢さんは医療AI<のぞみ>の天才開発者・桐生浩介、賀来さんは桐生の義理弟の西村悟を演じる。

『AI崩壊』(c)2019映画「AI崩壊」製作委員会
桐生はAI暴走の犯人にされ逃亡者となるが、西村は桐生の逃亡を助け彼を信頼する唯一の人物、なのだが...。共演シーンも多い2人の熱のこもった迫真の演技はスクリーンで確かめてみてほしい。

「“やるぞ!”というみんなのスイッチが入る」大沢たかおの存在感


『AI崩壊』(c)2019映画「AI崩壊」製作委員会
一方、賀来さんもそんな大沢さんに対して「義理の兄弟という関係性もあり、近い存在になりたいと思っていましたが、大沢さんがそういう空気を作ってくださいました。大沢さんがカメラの前に立つと存在感や“やるぞ!”というみんなのスイッチが入る瞬間を見られたので、それを見られただけでもこの作品に参加してよかったと思いました」と、大沢さんに対し尊敬の念を語っている。

『AI崩壊』は2020年1月31日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top