ティモシー・シャラメがボブ・ディランの伝記映画で主演か

ティモシー・シャラメがフォックス・サーチライト・ピクチャーズの映画『Going Electric』(原題)でボブ・ディランを演じるかもしれない。

最新ニュース ゴシップ
ティモシー・シャラメ、ボブ・ディラン-(C)Getty Images
  • ティモシー・シャラメ、ボブ・ディラン-(C)Getty Images
  • ボブ・ディラン-(C)Getty Images
  • ティモシー・シャラメ (C) Getty Images
  • ティモシー・シャラメ (C) Getty Images
  • ティモシー・シャラメ-(C)Getty Images
  • ボブ・ディラン-(C)Getty Images
  • ボブ・ディラン-(C)Getty Images
  • ティモシー・シャラメ (C) Getty Images
ティモシー・シャラメがフォックス・サーチライト・ピクチャーズの映画『Going Electric』(原題)でボブ・ディランを演じるかもしれない。「Deadline」などが、現在ティモシーが出演交渉中であると報じた。

同作は、イライジャ・ウォールドの著書「Dylan Goes Electric」(原題)をベースとし、フォークミュージックのアイコンからロック歌手へと転換していくディランにフォーカスする作品。すでに監督は『フォード vs フェラーリ』のジェームズ・マンゴールド、脚本は『沈黙-サイレンス-』のジェイ・コックスに決定しているという。また、ディラン自身が製作総指揮の1人を務め、長年マネージャーを務めているジェフ・ローゼンも製作陣に名を連ねている。

ティモシーは同作のほか、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督のリメイク版『デューン/砂の惑星』や、ウェス・アンダーソン監督の『The French Dispatch』(原題)への出演を控えている。

『ボヘミアン・ラプソディ』に『ロケットマン』と、近年映画界で大ヒットを放っているミュージシャンの伝記映画。今後製作される同ジャンルの映画には、ディランの『Going Electric』のほか、『ボヘミアン・ラプソディ』のプロデューサー、グレアム・キングが故・マイケル・ジャクソンを主役とした伝記映画を製作予定。
《Hiromi Kaku》

特集

関連記事

特集

page top