新たな人間関係に注目「セックス・エデュケーション」S2予告

世界中でヒットとなったNetflixオリジナルシリーズ「セックス・エデュケーション」シーズン2から、待望の予告編が解禁され、キャラクターたちの新たな関係を予感させるキービジュアルも到着した。

海外ドラマ スクープ
世界中でヒットとなったNetflixオリジナルシリーズ「セックス・エデュケーション」シーズン2から、待望の予告編が解禁され、キャラクターたちの新たな関係を予感させるキービジュアルも到着した。

英国発の本作は、配信開始からわずか4週間で世界累計視聴者数が4000万を超え、異例の早さでシーズン2の制作が決定、米レビューサイト「Rotten Tomatoes」では、オーディエンススコア95%、評論家スコア91%(1月7日時点)という高い評価を得ている大ヒットドラマシリーズ。

Netflixオリジナルシリーズ「セックス・エデュケーション」シーズン2 2020年1月17日(金)より独占配信開始
この度解禁されたシーズン2予告編は、なんとセックス・セラピストの母ジーン(ジリアン・アンダーソン)が主人公オーティス(エイサ・バターフィールド)の高校に性の専門家として登場、講演テーマはズバリ“SEX”というオーティスにとっては生きた心地がしないシーンからスタート。


新学期を迎え、転校生のオラといい雰囲気になったオーティスについに童貞卒業のチャンス到来?と思いきや、なんと双方の親同士の衝撃的な情事に遭遇してしまい大ショック!

さらに、ドラッグの売買をしていた兄をかばって停学処分になったバッドガールの同級生メイヴ(エマ・マッキー)は何やら学校の秘密を探って画策中の様子。そんな中、学校内で性病が蔓延してしまう大騒ぎが発生、メイヴのオーティスへの想いも見え隠れして2人の恋の行方にも新たな変化が。彼ら2人による<性の悩み相談クリニック>は再始動されるかも気になるところ。到着したキービジュアルも、シーズン2で新たに巻き起こる関係の変化を予感させるものとなっている。

Netflixオリジナルシリーズ「セックス・エデュケーション」シーズン2 1月17日(金)より独占配信開始

主人公オーティスに彼女が!「様々なことを学ぶことになるよ」


Netflixオリジナルシリーズ「セックス・エデュケーション」独占配信中「セックス・エデュケーション」シーズン1より
オーティスを演じるエイサは新シーズンについて、「母親との関係は以前より改善されたものの、まだぎこちなくて緊張が続いているんだ。でも、オーティスにはガールフレンドができたから、彼女との関係を通して様々なことを学ぶことになるよ」とコメント。

「学校生活では、学校中の生徒がオーティスのことを知っていて有名人だからステイタスがぐっと上がるんだ。まあ“セックスに詳しい生徒”としてだけどね(笑)」と語っており、母親役のジリアンとの共演については「ジリアン(・アンダーソン)は、ユーモアセンスがあってとても面白い人なんだ。あんなに面白い人だとは想像もしていなかったから驚きだったよ」と明かしており、複雑な親子関係のドラマにも期待が高まるところ。

加えて「このドラマは、例えば周りと比べて、自分はもしかしたら変(他人と違う)なんじゃないか? なんて悩む必要はないことを教えてくれるんだ」と断言。キービジュアルや予告編でも謳われている、“ふつうじゃないのが、ふつうでしょ”という大人も夢中にさせる本作のメッセージについて語っている。

Netflixオリジナルシリーズ「セックス・エデュケーション」シーズン2は1月17日(金)より独占配信開始、シーズン1は独占配信中。
《text:cinemacafe.net》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top