【ディズニー】キャストがゲストに!年に一度だけ「サンクスデー」開催

15日、閉園後の東京ディズニーシーにて、一年に一度だけパークを貸し切り、上司が日頃の感謝の気持ちを込めてキャストをおもてなしする特別イベント「サンクスデー2020」が開催。

最新ニュース レポート
年に一度の「サンクスデー」開催!(C) Disney
  • 年に一度の「サンクスデー」開催!(C) Disney
  • 年に一度の「サンクスデー」開催!(C) Disney
  • 年に一度の「サンクスデー」開催!(C) Disney
  • 年に一度の「サンクスデー」開催!(C) Disney
  • 年に一度の「サンクスデー」開催!(C) Disney
  • 年に一度の「サンクスデー」開催!(C) Disney
  • 年に一度の「サンクスデー」開催!(C) Disney
  • 年に一度の「サンクスデー」開催!(C) Disney
15日、閉園後の東京ディズニーシーにて、一年に一度だけパークを貸し切り、上司が日頃の感謝の気持ちを込めてキャストをおもてなしする特別イベント「サンクスデー2020」が開催。東京ディズニーリゾートに関わる対象キャストの内約1万8,000人が“ゲスト”としてパークに来園した。

この「サンクスデー」とは、上司である役員や社員がキャストになり、ゲストである準社員(=キャスト)を温かく出迎え、日頃の感謝を伝える恒例のイベントのこと。昨年同様、東京ディズニーシーを貸し切って開催。福利厚生の意味合いが濃いものの、キャストにとっても改めてゲストとしてパークを訪れることでゲストの気持ちを考え、初心へと戻る貴重な機会として毎年冬場の夜に実施している。今年で通算21回目の開催となった。


同日20時15分頃、パークが再オープンすると、制服を着た上司の皆さんがズラリと並び、ハイタッチやウェルカムボードでキャストを温かく出迎える「ウェルカム・グリーティング」が実施され、その後の「サンクスデーセレモニー」には、株式会社オリエンタルランド代表取締役会長(兼)CEOの加賀見俊夫氏を筆頭に、代表取締役社長(兼)COOの上西京一郎氏、現東京ディズニーリゾート・アンバサダーの野口歩美さんなどが出席。


キャストの皆さんの日頃の職務をねぎらい、最後にはミッキーマウス、ミニーマウス、プルート、ドナルドダック、グーフィーも登場して、大いに盛り上がった。同セレモニー終了後は「サプライズ施策」として、上西京一郎氏が準社員とのハイタッチを行い、その場を盛り上げていた。

例年に比べ寒波も緩やかななか、同パーク内では、過去に東京ディズニーリゾートで公演した大人気ショーの曲が流れ、「サンクスデー2020」オリジナルのアメや記念品の配布、キャラクターとのグリーティングなどが行なわれた。


また、サンクスデーとは直接関係はないものの、2月以降両パーク内で配布する「Today with Cast」と銘打った紙面を報道陣に初披露。キャスト総勢14職種、20名を同紙で取り上げ、ディズニーキャストの魅力をゲストにダイレクトに訴求していく。配布期間は3月19日(木)まで。


※取材時の状況に基づいて記事化しています。紹介したイベント、メニューなど、すべての掲載情報は、予告なく変更になる場合があります。

(C) Disney
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top