安田顕&佐々木蔵之介、のちに総理大臣となる重要人物に「アメリカに負けなかった男」

「アメリカに負けなかった男~バカヤロー総理 吉田茂~」の吉田を取り巻く重要な人物たちとして、矢本悠馬、前野朋哉、安田顕、勝地涼、佐々木蔵之介の出演が明らかになった。

最新ニュース スクープ
「アメリカに負けなかった男~バカヤロー総理 吉田茂~」(C)テレビ東京
  • 「アメリカに負けなかった男~バカヤロー総理 吉田茂~」(C)テレビ東京
  • 佐々木蔵之介『ひとよ』ジャパンプレミア試写会
  • 安田顕『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』完成披露試写会
  • 勝地涼/『パワーレンジャー』ジャパンプレミア
  • 矢本悠馬
  • 前野朋哉
笑福亭鶴瓶が吉田茂を、その右腕・白洲次郎を生田斗真が演じるスペシャルドラマ「アメリカに負けなかった男~バカヤロー総理 吉田茂~」。この度、吉田を取り巻く重要な人物たちとして、矢本悠馬、前野朋哉、安田顕、勝地涼、佐々木蔵之介の出演が明らかになった。

「吉田学校」の代表格で、吉田内閣にて初当選で大蔵大臣という大役を任された池田勇人役には、テレビ東京初出演となる佐々木さん。池田は1960年に総理大臣になると「所得倍増計画」を打ち出し、戦後日本の高度経済成長の基盤を作った人物。

佐々木蔵之介『ひとよ』ジャパンプレミア試写会
本作の撮影前、池田の生家のある広島県竹原市まで足を運こび、入念な役作りをし本作に挑んだという佐々木さん。「本作では、戦中戦後の日本で舵取りを担った池田勇人が、議員になる前の、大蔵省に勤めるいち官僚からの登場になります。後に総理大臣となることは、視聴者の皆様も周知のことですので、そこからの逆算で、劇中当時の池田勇人の役をつくる面白さがありました。数字に強く、情に厚く、親分肌。豪放磊落。そして酒豪。懐が深く、とてもユーモアのある人物です」と語り、「劇中には『命を懸けて』という台詞が何度か出てきます。まさに身命を賭して、日本の独立と平和を願い、為すべきことを果たした男たちのドラマです。是非お楽しみください」とコメントしている。

「吉田学校」のもう一人の代表格佐藤栄作役には、メインキャストで出演する「アリバイ崩し承ります」が放送を控える安田さん。

安田顕『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』完成披露試写会
総理大臣として“昭和最長の政権”を運営した佐藤は「沖縄の本土復帰」を実現し、「非核三原則」を唱え、ノーベル平和賞を授賞。熱い闘志を抱えた佐藤を熱演する安田さんは「今回そんなに役作りはしていないんですけど、残っている映像を拝見したりしながら勉強させて頂きました。監督は最初の説明で『短気だ』という話をされていましたけど、“人事の佐藤”と言われただけあって、面倒見のよさであったり、そういったところは適格だったんだろうな、という気がします」と人物の印象を述べた。

敏腕政治家・田中角栄役には、『魔法少年☆ワイルドバージン』の前野さん。総理大臣としては「日本列島改造論」に基づいて全国の交通網を整理しながら、ロッキード事件で逮捕された後も、政界に強い影響力を持った人物。

前野朋哉
まず「『えっ?僕がですか?』と最初は耳を疑いました」とオファー時をふり返った前野さん。「角栄さんの濁声が好きです。僕は声が高いのですが、監督とも話し合いちょっとだけ低い声で演じました」と役作りを明かし、「鶴瓶さんの標準語は新鮮だと思います。標準語やセリフ量など鶴瓶さんはかなり大変だったと思うのですが、ユーモアを絶やさない方で、吉田学校がまさにそうであったように、鶴瓶学校に通っているような不思議な気持ちにもなりました。僕のアップの際、わざわざ立ち会って下さったことも感動しました。座長・鶴瓶さんが本当に楽しく素敵なチームを作って下さり、その一員になれたことが嬉しいです」と撮影をふり返った。

55年体制最後の総理大臣で、英語力に定評があり、池田勇人から厚い信頼を受けていた宮澤喜一役には、「いだてん~東京オリムピック噺~」『銀魂2 掟は破るためにこそある』の勝地さん。

勝地涼/『パワーレンジャー』ジャパンプレミア
「まさか自分が政治家の役をやる事になるとは…と少し不思議な気持ちでしたが、そういう年齢になったのかと実感しました」としみじみ語った勝地さん。「実在の人物を演じるというプレッシャーはもちろんありましたが、台本を読んで、佐々木蔵之介さん演じる池田勇人大臣との関係性が素敵だと思いましたので、そこは大切に演じたいと。秘書官として大臣を尊敬しているからこそ、陰で支えながらも、尻をたたいたりできる2人の関係性をうまく表現できればと心がけました」と明かしている。

さらに吉田の娘・和子の夫で、のちに吉田の勧めで政治家となる副総理の麻生太郎の父・麻生太賀吉役を、『ちはやふる』シリーズの矢本さんが演じる。

矢本悠馬
矢本さんは「こういう社会派なドラマに兼ねてから出てみたかったので素直にワクワクしました」と出演決定を喜び、「今回は、台本の中に存在する麻生太賀吉さんを大事に、まじめで誠実で優しくて優しくて優しくて優しい人柄に柔らかなイメージと笑顔!!を忘れないように心がけました。他の演者さんとも話したんですけど、やっぱり歴史に名を残した方を演じるというのは、奇妙にもテンションが上がると言いますか、気持ちいいものでしたね」とふり返る。

また作品を通して「今の若い子は特に…自分も含めてですけど…平和な日本が当たり前で、生まれる前もこれから先もずっと続いてるみたいな感覚がどこかあって。でも今の日本があるのは、死ぬ気で日本の未来を考え戦ってくれた人たちがいたからなんですよね。当たり前だと思っちゃいけない。適当に生きてちゃダメですね。歴史を知らないと。母国に興味を持たないと」と感じたことを述べている。

テレビ東京開局55周年特別企画スペシャルドラマ「アメリカに負けなかった男~バカヤロー総理 吉田茂~」は2月24日(月・休)21時~テレビ東京系にて放送。
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top