“加害者の父”と“被害者の父”の運命描く…イ・スジン監督最新作『悪の偶像』公開

韓国映画界を代表するハン・ソッキュとソル・ギョングのダブル主演で贈る、予測不能の超一級サスペンス・ノワール『悪の偶像』が公開されることが決定。併せて、ポスタービジュアルが解禁となった。

韓流・華流 スクープ
韓国映画界を代表するハン・ソッキュとソル・ギョングのダブル主演で贈る、予測不能の超一級サスペンス・ノワール『悪の偶像』が公開されることが決定。併せて、ポスタービジュアルが解禁となった。

■ストーリー


市議会議員のミョンヒは、ある夜息子ヨハンが飲酒運転中に人をひき殺してしまったことを知る。政治家の危機に直面したミョンヒは、密かに揉み消し工作を実行するが、被害者の新妻であるリョナという女性が事故現場に居合わせ、行方不明になっていることが判明。事実が明るみに出るのを恐れたミョンヒはリョナを見つけ出そうとする。

一方、小さな工具店を営む被害者の父ジュンシクは、リョナが妊娠していると知り、何としても彼女を捜し出すことを心に誓う。かくして別のルートで“消えた目撃者”の行方を追うふたりの父親は、耐えがたい葛藤に胸を引き裂かれながら、後戻りできない“罪”の闇に足を踏み入れていく…。

■ハン・ソッキュ&ソル・ギョング、“加害者の父”と“被害者の父”役でダブル主演


本作は、ある“ひき逃げ事件”をきっかけに交錯していく“加害者の父”と“被害者の父”の運命をスリリングに描き、予測不能のストーリー展開に人間の業と結びついた濃密なエモーションを持ち合わす超一級サスペンス・ノワール。第69回ベルリン国際映画祭で大喝采を浴びたほか、ファンタジア国際映画祭で作品賞、主演男優賞を受賞した。

監督は『ハン・ゴンジュ 17歳の涙』のイ・スジン。同作品で第43回ロッテルダム国際映画祭タイガー・アワードを受賞し、巨匠マーティン・スコセッシ監督から絶賛された気鋭監督が、満を持してオリジナル脚本に基づく長編第2作を完成させた。

ダブル主演を務めるのは、『シュリ』『ドクター・ポン』のハン・ソッキュと、『オアシス』『力道山』のソル・ギョング。韓国映画界を代表する俳優2人が演じる父親像に注目が集まる。

『Camellia カメリア』舞台挨拶ソル・ギョング
今回解禁されたポスタービジュアルでは、悲しみの表情を浮かべながら相手をにらむソル・ギョングと、その視線を避けようとするハン・ソッキュの複雑な表情が全面に描き出される。

『悪の偶像』 (C) 2019 CJ CGV Co., Ltd., VILL LEE FILM, POLLUX BARUNSON INC PRODUCTION All Rights Reserved
「ある“ひき逃げ事件”が運命を狂わす―」というキャッチコピーと、ポスター全体が不穏な雰囲気を醸し出し、2人に襲いかかった事件に立ち向かう相反した態度が導く衝撃の展開に期待が高まるビジュアルに仕上がっている。

『悪の偶像』は4月17日(金)よりシネマート新宿・心斎橋ほか全国にて順次公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top