トニ・セルヴィッロ&ジャン・レノ、少女失踪事件の真相に迫る『霧の中の少女』予告

イタリアの作家ドナート・カリシの同名ベストセラー小説をカリシ自身が映画化し、トニ・セルヴィッロとジャン・レノの初共演が実現したミステリー映画『霧の中の少女』から、予告編と場面写真が解禁となった。

映画 洋画ニュース
『霧の中の少女』
  • 『霧の中の少女』
  • 『霧の中の少女』
  • 『霧の中の少女』
  • 『霧の中の少女』
  • 『霧の中の少女』
イタリアの作家ドナート・カリシの同名ベストセラー小説をカリシ自身が映画化し、トニ・セルヴィッロとジャン・レノの初共演が実現したミステリー映画『霧の中の少女』から、予告編と場面写真が解禁となった。

>>『霧の中の少女』あらすじ&キャストはこちら

今回解禁された予告編には、少女失踪事件の謎に翻弄されるトニ・セルヴィッロ演じるカリスマ警部ヴォーゲルの姿が映し出されている。

クリスマス前夜の12月23日、妖しい霧が立ち込める田舎町で1人の少女が忽然と消えた。「娘のアンナは身長160cm 赤毛の長い髪です」と、突然娘の姿が消えてしまい、悲痛に訴える両親。都会からやってきたヴォーゲル警部は、この少女失踪事件の捜査の指揮を執ることに。


捜査線上に浮かび上がったのは、アンナが通う高校の教師でアレッシオ・ボーニ演じるマルティーニ。「悪こそ物語の原動力」と意味深な発言を繰り返すマルティーニに対して、アンナの同級生も疑いの目を向ける。


ヴォーゲルはメディアを操って藪の中の犯罪者をあぶり出そうと、アンナの両親にテレビ向けの会見を行わせ、ヘリコプターや山岳救助隊を駆り出して大規模な捜索を開始。さらには顔なじみのニュース・レポーターを利用して、この事件をイタリア全土の注目を集めるよう仕向けていく。

ところが今回の事件はヴォーゲルを嘲笑うかのように異様な展開を見せ、謎はどんどん深まっていく。そこで、警察から捜査協力を要請されたジャン・レノ演じる引退間近の精神科医フローレスは、ヴォーゲルに事件について助言する。


閉塞感のある村人たちは、犯人はよそ者に違いないと思っているが、心の底では悪は近くに潜んでいると思っている。そして、ヴォーゲルには正体不明の連続誘拐魔“霧の男”に関する情報がもたらされ、彼の“完璧なる捜査”は根底から覆されていく…。

映像の最後は「真実が正義とは限らない」というコピーで締めくくられ、ごく普通の人間の“心の闇”に切り込む深遠なるミステリーが期待できる予告編に仕上がっている。


『霧の中の少女』は2月28日(金)よりkino cinema横浜みなとみらいほか全国にて順次公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top