織田裕二×中島裕翔「SUITS/スーツ2」春放送! 月9史上歴代最長話数で

フジテレビ春の月9ドラマが決定。織田裕二主演で「SUITS/スーツ2」を放送することが分かった。織田さんが主演を務めた地上波連続ドラマのシリーズ化は、キャリアの中でも今作が初となる。

最新ニュース スクープ
「SUITS/スーツ2」(C)フジテレビ
  • 「SUITS/スーツ2」(C)フジテレビ
  • 「SUITS/スーツ2」(C)フジテレビ
フジテレビ春の月9ドラマが決定。織田裕二主演で「SUITS/スーツ2」を放送することが分かった。織田さんが主演を務めた地上波連続ドラマのシリーズ化は、キャリアの中でも今作が初となる。

前作は、2018年10月期に同枠で放送。ニューヨークの大手弁護士事務所を舞台にした全米メガヒットドラマ「SUITS」を原作に、織田さん、中島裕翔、新木優子、中村アン、磯村勇斗ら出演でドラマ化。ラストは、甲斐正午(織田さん)が鈴木大輔(中島さん)に2年間のボストン留学に行くことを勧めるところで終了した。

今回の「2」では、甲斐がボストンにいた大輔を突然呼び戻すところからスタート。そして、復帰のリハビリだと言い、小説のアイデアを盗用されたと元契約社員の女性から訴えられた大手出版社の案件を大輔に任せる…という展開に。

前作に引き続き、織田さんが主人公・甲斐正午を、中島さんが天才青年・鈴木大輔を演じ、再び「幸村・上杉法律事務所」でバディを結成。


今回再び甲斐を演じることになった織田さんは「こういう役を演じるのは楽しいです。また暴れまわります!」とコメントし、「あの歳の頃の1~2年は大きいので、どれだけ成長しているか見られるのが楽しみです。またよろしくです!」と中島さんとの再タッグについても語る。

そして「パワーアップした“SUITS/スーツ2”。幸村・上杉法律事務所、上杉氏はシーズン1には登場しませんでしたがいよいよ復帰し、それにより物語は大きく動き出します。日常を忘れて、SUITSの世界観を楽しんでください!」とファンへ呼びかけている。

また中島さんも「このドラマが帰ってくるのは、一ファンとしてもうれしいですし、またあのチームで一緒にお仕事できることがとてもうれしいです。おもしろいドラマをみんなで作れたらなと思います!」と続編への参加を喜び、「シーズン1の最後にボストンに行くことになったりと、少し原作と設定の違うところもあって、大輔は成長しているので自分もシーズン1を撮影していた時から変わったところを見せられたなと思います」と意気込み。

織田さんとの再共演については「近くにいると尊敬する部分や“主演たるものこうだ!”みたいなものを感じることができるので、そういうところをバッチリ盗みつつ、自分からも何かいい影響を織田さんに与えられるようになりたいなと思います!“成長したな”って織田さんに言ってもらいたいです!」とコメントしている。

なお、本作はこれまでの最長話数となる全13話を超える“月9史上歴代最長の話数”での放送が決定。通常の話数より大きく拡大し、7月まで放送(話数未定)。また、「幸村・上杉法律事務所」のメンバーや新キャストについては、後日発表予定だ。

第1話ストーリー


敏腕として知られる「幸村・上杉法律事務所」のパートナー弁護士・甲斐正午(織田裕二)は、誰にも相談せず、ボストンにいたアソシエイトの鈴木大輔(中島裕翔)を突然呼び戻す。

甲斐は復帰のリハビリだと言って、大輔にある案件を任せる。それは、小説のアイデアを盗用されたと元契約社員の女性から訴えられた大手出版社の案件だった。

同じ日、甲斐は、クライアントのひとつで、ロケットや航空機の技術開発をしている「フューチャースカイ」の社長・三津谷聡から呼び出される。そこで三津谷は、新開発した無人航空機制御システムの売却をしたい、と甲斐に告げる。全米最大の宇宙ロケット開発会社との業務提携を進めようとしている三津谷は、宇宙事業に一本化する方針を固め、新システムの売却益もそこにつぎ込む予定だという。三津谷は、今後も顧問料を払い続けるかどうかのテストだ、といって最低売却価格を100億円に設定する。

そんな折、思わぬ出来事が起きる。かつて甲斐とチカが弱みを握り、事務所から追い出していた事務所の共同代表の上杉一志が、復帰への意欲をのぞかせる。それは、幸村・上杉法律事務所を揺るがす、新たな闘いの始まりだった――。

「SUITS/スーツ2」は4月、毎週月曜日21時~フジテレビ系にて放送予定。
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top