重岡大毅“逆壁ドン”&キスに騒然、ケイトと尾高の今後にも心配の声…「知らなくていいコト」5話

吉高由里子主演のお仕事系ヒューマンドラマ「知らなくていいコト」5話が2月5日オンエア。重岡大毅演じる野中春樹が“逆壁ドン”告白に“不意打ちキス”される展開に視聴者からは「うらやまけしからん」「デレデレしすぎ」といった声が上がっている。

最新ニュース スクープ
「知らなくていいコト」第5話 (C) NTV
  • 「知らなくていいコト」第5話 (C) NTV
  • 「知らなくていいコト」第5話 (C) NTV
  • 「知らなくていいコト」第5話 (C) NTV
  • 「知らなくていいコト」第5話 (C) NTV
  • 「知らなくていいコト」第5話 (C) NTV
  • 「知らなくていいコト」第5話 (C) NTV
吉高由里子主演のお仕事系ヒューマンドラマ「知らなくていいコト」5話が2月5日オンエア。重岡大毅演じる野中春樹が“逆壁ドン”告白に“不意打ちキス”される展開に視聴者からは「うらやまけしからん」「デレデレしすぎ」といった声が上がっている。

週刊誌編集部を舞台に吉高さん演じる週刊誌記者・真壁ケイトが記者として、自分自身を取り戻すべく人として成長していく姿を描いていく本作。

ケイトは母・杏南がクモ膜下出血で亡くなったことがきっかけで、自分の父が30年前に起きた無差別殺人犯“乃十阿徹(のとあとおる)”であることを知り、彼氏で同僚の春樹(重岡さん)からプロポーズを撤回されてしまう。一方ケイトが振った“元カレ”尾高由一郎(柄本佑)は、乃十阿の娘だと知りながらケイトにプロポーズしていた。ケイトは尾高と30年前の事件現場を訪れる…というのがこれまでのあらすじ。


※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
その翌週、記事のネタを求めて元警察署長・沖田秀則(勝野洋)がスパルタ教育の末に実の孫を殺害したとされる事件の判決を傍聴したケイトだが、罪を認めたものの動機については語らない沖田の姿を見て、直感的に引っかかるものを感じ、沖田本人に面会を取り付けようと取材を始める。


取材を進めると「孫を甘やかしすぎだった」という報道とは逆の証言を得る。本人に取材を試みるも頑なにマスコミを避ける沖田からは面会申請を断られてしまう。一方、編集部では連載班の小泉(関水渚)が春樹に交際を申し込んでいた…というのが今回のおはなし。


エレベーターの中で「真壁さんと上手くいってないんですか?」と春樹に問いかける小泉。そのまま“壁ドン”して「別れたんだったら私と付き合ってください」と迫る。さらに春樹と食事に行った後に自分の部屋に誘い、断って帰ろうとする春樹に“別れ際キス”でとどめを刺す…小泉の“猛攻”に陥落する春樹の姿に「迫られる野中春樹いいねぇ」「ばかやろう!!エレベーター内でなにしとる!!」「告白されてからすぐデレデレしすぎじゃね?笑」などの声が視聴者から上がる。

一方、ケイトと尾高の距離も再び接近。「尾高さんが妻子持ちなのがほんとに惜しい」「ケイト…不倫はだめよ」など、2人の今後の関係が気になる視聴者からのコメントもSNSに数多く投稿されている。
《笠緒》

特集

関連記事

特集

page top