片寄涼太“田中”に声援、衝撃のラストには怒りと悲しみ渦巻く…「病室で念仏を唱えないでください」4話

伊藤英明主演の金曜ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」4話が2月7日オンエア。片寄涼太演じる田中の悩める姿を見つめる視聴者たちを襲った衝撃のラストに「重いどころの話ではない」など、怒りや悲しみの声が殺到している。

最新ニュース スクープ
「病室で念仏を唱えないでください」第4話 (C) TBS
  • 「病室で念仏を唱えないでください」第4話 (C) TBS
  • 「病室で念仏を唱えないでください」第4話 (C) TBS
  • 「病室で念仏を唱えないでください」第4話 (C) TBS
  • 「病室で念仏を唱えないでください」第4話 (C) TBS
伊藤英明主演の金曜ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」4話が2月7日オンエア。片寄涼太演じる田中の悩める姿を見つめる視聴者たちを襲った衝撃のラストに「重いどころの話ではない」など、怒りや悲しみの声が殺到している。

僧侶でありながら救命救急医でもある異色の主人公・松本照円役で伊藤さんが主演。同僚の救命救急医・三宅涼子には中谷美紀、松本を目の敵にする有名心臓外科医の濱田達哉にはムロツヨシ、新人心臓外科医の児島眞白には松本穂香、大病院の御曹司で研修医をしている田中玲一には片寄さん。


救命救急センター長の玉井潤一郎には萩原聖人。整形外科医の藍田一平には堀内健。濱田の後輩医師・瀬川修二には安井順平。松本の相談相手となる清掃員には宮崎美子。松本を子供のころから可愛がってきた宮寺憲次には泉谷しげる。理事長の澁沢和歌子には余貴美子といったキャスト。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。


松本の「すべての患者を受け入れたい」という考えに研修医の田中は異を唱え、2人は対立する。一方、児島は濱田から「今後は第一助手に入ってもらうから、救急に関わるのはやめるように」と宣告される。

同じ頃、救命救急センターに階段から転落した長沢功一(本並健治)という患者が運ばれてくる。厳しい予後が予想される患者で、田中がそのことを話しているのを駆けつけた長沢の妻・奈穂(中島ひろ子)と娘・沙織(美山加恋)が聞いてしまい手術中止を訴えてくる。


松本はジム帰りに小学生の男の子・品川凱斗(齋藤絢永)が一人で公園のブランコを漕いでいるのを見つけ、近づいてみると虐待が疑われる傷を発見、詳しく調べようとすると、変質者と間違われ警察に通報されてしまう。さらに凱斗の姉・愛羅(石田凛音)が学校の教諭に伴われ病院にやってくる。調べてみると義理の父親による性的虐待が疑われた。手を尽くすも愛羅は亡くなってしまい、病院にやってきた父親に松本はこぶしを振り上げる…というのが今回のストーリー。

前半では悩める研修医の田中を演じる片寄さんに「片寄涼太くんの演技良かった」「手が綺麗すぎ」「いい表情するなあ」などの声が集まっていたが、終盤の展開に「片寄くん回かなとか思ったらラストの展開衝撃すぎた」「重いどころの話ではない 無理」「今日の回…つらすぎる…」などの声が。

「実際にこういう事件は起こってる」「ドラマといえども辛すぎる」など、怒りや悲しみがおさまらない視聴者からの投稿がSNSに殺到中だ。
《笠緒》

特集

関連記事

特集

page top