本木雅弘、「麒麟がくる」“斎藤道三”ゆかりの岐阜をぶっつけ旅「鶴瓶の家族に乾杯」

NHK総合「鶴瓶の家族に乾杯」の2月10日(月)放送回は、現在好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」に出演中の俳優・本木雅弘をゲストに迎える。

最新ニュース スクープ
笑福亭鶴瓶がゲストとステキな家族を求めて日本中を巡る“ぶっつけ本番”の旅番組「鶴瓶の家族に乾杯」。その2月10日(月)放送回は、現在好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」に出演中の俳優・本木雅弘をゲストに迎える。

ドラマ「2年B組仙八先生」でデビューすると同作で共演した薬丸裕英、布川敏和とともに「シブがき隊」としてデビュー。88年にグループが解体すると映画『ファンシイダンス』では坊主頭でアイドル時代のイメージを覆し、『シコふんじゃった。』や大河ドラマ「徳川慶喜」などがヒット。

その後も『おくりびと』がアカデミー賞外国語映画賞を受賞したほか『日本のいちばん長い日』や『天空の蜂』など数々の作品でその魅力を発揮し続ける本木さん。

本木雅弘・男優主演賞/第71回毎日映画コンクール
「麒麟がくる」で“美濃のマムシ”と呼ばれた戦国大名・斎藤道三を演じている本木さんがぶっつけ本番旅に初挑戦。長良川近くの川原町から始まった2人の旅は、冒頭から不思議な出会いに恵まれる。「ドラえもん」の主題歌を歌っていた女性や結婚式の前撮りカップル、岐阜伝統の和傘やうちわなどトントン拍子に旅が進むが、鶴瓶さんと別れた途端、本木さんが極度の緊張に包まれる…果たしてどんな旅になったのか!?

今夜のゲスト、本木さんが出演中の「麒麟がくる」は大河ドラマとしては初めて智将・明智光秀を主役に、そのミステリアスな半生にフォーカス。戦国初期の1540年代、群雄割拠の戦乱のなか、若き明智光秀、織田信長、斎藤道三、今川義元、そして、秀吉や家康ら各地の英傑たちが、天下を狙って戦う姿を描いていく。

主人公の明智光秀には長谷川博己。本木さんはじめ、光秀が京で出会う娘・駒に門脇麦。神出鬼没で光秀の危機を助ける三河出身の農民・菊丸に岡村隆史。織田信秀の嫡男・織田信長に染谷将太。道三のライバルで信長の父・織田信秀に高橋克典。道三の嫡男・斎藤義龍(高政)に伊藤英明。斎藤道三の娘・帰蝶(濃姫)役には大河ドラマ初出演となる川口春奈といった顔ぶれが揃っている。

2月16日(日)放送の5話は、道三の命を受けた光秀が、鉄砲の作り方や将軍家が鉄砲を大量に必要としている理由を探るべく再び京へ向かい、本能寺で将軍・足利義輝(向井理)の護衛でやってきた三淵(谷原章介)と再会。三淵に連れられて松永(吉田鋼太郎)の元へ向かった光秀は、松永から鉄砲の真の力とは抑止力になることであると聞く…というストーリー。

大河ドラマ「麒麟がくる」は毎週日曜20時~NHK総合にて放送。BSプレミアム、BS4Kでも放送。

「鶴瓶の家族に乾杯」は2月10日(月)19時30分~NHK総合で放送。
《笠緒》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top