大人気海外ドラマの原点! NTLive「フリーバッグ」予告編

ナショナル・シアター・ライブ2020第2弾となるフィービー・ウォーラー=ブリッジ作・主演の「フリーバッグ」の予告編が解禁。

最新ニュース スクープ
NTLive「フリーバッグ」
  • NTLive「フリーバッグ」
  • 「フリーバッグ」(C)NTL 2019 Fleabag photo by Matt Humphrey
  • 「フリーバッグ」(C)2019 Fleabag photo by Matt Humphrey
  • フィービー・ウォーラー=ブリッジ (C) Getty Images
英国ナショナル・シアターが厳選して収録した舞台を日本の映画館で楽しめる“ナショナル・シアター・ライブ”(以下、NTLive)。この度、『1917 命をかけた伝令』のサム・メンデス演出による「リーマン・トリロジー」に続く、NTLive 2020第2弾となるフィービー・ウォーラー=ブリッジ作・主演の「フリーバッグ」の予告編が完成した。

皮肉屋で常識外れのシングル女性を主人公にした本作は、フィービー・ウォーラー=ブリッジによる一人芝居。この舞台が評価された彼女は、『007』シリーズ史上2人目の女性脚本家として『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』に参加。いまハリウッドで最も注目されるクリエーターのひとりとして知られる。

『フリーバッグ』(C)NTL 2019 Fleabag
彼女が舞台版を元に企画・製作総指揮・脚本・主演を務めた英ドラマ「Fleabag フリーバッグ」は、米テレビ界最高の栄誉とされる第71回プライムタイム・エミー賞でコメディシリーズ作品賞、主演女優賞を含む計6部門を受賞したほか、英国アカデミー賞(テレビ部門)、ゴールデン・グローブ賞(テレビ部門)など名だたる賞を席巻。しかも、そのドラマの放映時にはフィービーの衣装や小物の検索率が34~38%増加するという“フリーバッグ・エフェクト”という社会現象まで巻き起こした。また、BBCアメリカの「キリング・イヴ/Killing Eve」シーズン1でもクリエイターを務めた。


今回NTLiveで劇場公開するのは、ロンドン・ウィンダムズ劇場で上演した際に収録したもの。さらに、トークイベント付きプレミア上映の実施も決定。ドラマ版「フリーバッグ」の大ファンで日本の演劇界で女優・演出家・劇作家としても活躍する桑原裕子氏と、映画・ドラマに造詣の深いライターの今祥枝氏が登壇する。

NTLive「フリーバッグ」は3月13日(金)~3月19日(木)までTOHOシネマズ 日本橋、シネ・リーブル池袋、TOHOシネマズ 川崎、TOHOシネマズ 赤池、大阪ステーションシティシネマ、福岡・中洲大洋映画劇場にて1週間限定上映。

【「フリーバッグ」トークイベント付きプレミア上映】
劇 場:TOHOシネマズ 日本橋 スクリーン9
日 時:3月3日(火)19:00~本編上映(約88分間)、本編上映後トークイベント(約30分間)
    *終了は21時頃を予定。
料 金:一般3,000円、学生2,500円(学生証の提示が必要になります)
チケット券売:TOHOシネマズインターネットチケットvit、またはTOHOシネマズ 日本橋劇場窓口にて
発売日:vitは2月26日(水)0:00(=2月25日(火)24:00)、劇場窓口は劇場オープン時より
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top