三浦翔平“関河”の真実に視聴者から謝罪の声も「ひどいこと思って申し訳ない」…「アライブ」7話

松下奈緒、木村佳乃が共演して薬物療法でがん治療に取り組む“腫瘍内科”を舞台にした「アライブ がん専門医のカルテ」の7話が2月21日放送。三浦翔平演じる医療ジャーナリスト・関河の“真実”に視聴者から「申し訳ない」と謝罪の声が届いている。

最新ニュース スクープ
「アライブ がん専門医のカルテ」第7話 (C) フジテレビ
  • 「アライブ がん専門医のカルテ」第7話 (C) フジテレビ
  • 「アライブ がん専門医のカルテ」第7話 (C) フジテレビ
  • 「アライブ がん専門医のカルテ」第7話 (C) フジテレビ
  • 「アライブ がん専門医のカルテ」第7話 (C) フジテレビ
  • 「アライブ がん専門医のカルテ」第7話 (C) フジテレビ
  • 「アライブ がん専門医のカルテ」第7話 (C) フジテレビ
  • 「アライブ がん専門医のカルテ」第7話 (C) フジテレビ
  • 「アライブ がん専門医のカルテ」第7話 (C) フジテレビ
松下奈緒、木村佳乃が共演して薬物療法でがん治療に取り組む“腫瘍内科”を舞台にした「アライブ がん専門医のカルテ」の7話が2月21日放送。三浦翔平演じる医療ジャーナリスト・関河の“真実”に視聴者から「申し訳ない」と謝罪の声が届いている。

横浜みなと総合病院に勤務する腫瘍内科医で、夫の匠を医療過誤で失った恩田心に松下さん、匠の手術を担当した梶山薫に木村さん。

薫にミスの責任を負わせようとした須藤進に田辺誠一。心の夫・匠に中村俊介。心の義父・京太郎に北大路欣也。心のもとで研修医をしている結城涼に清原翔。匠の医療過誤を追うジャーナリスト・関河隆一に三浦さんらも出演。


※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
今回は匠の医療過誤を巡る問題と、肺にガンが転移した父親と引きこもりの息子を巡る物語が同時進行。3年前、ぼうこうがんの治療を受けた武井正弘(平田満)に、検査で肺への転移が見つかる。入院しての治療を勧める心に、武井は仕事もあるからと通院を望む。説明にあたり武井の家族の出席も求めた心だったが息子は来院せず、同席していた結城は武井が頑なに入院を拒否することに疑問を持つ。武井の息子は10年前から引きこもりとなっており、武井は息子の就職先を探していた。


一方、匠の医療過誤に関して関東医大附属中央病院の調査委員会は医療過誤に当たらないと判断。これに「医師としては理解できます。遺族としては全く納得がいきません」と答えた心の元を須藤が訪れ、「匠の死の原因。すべて私にある」と謝罪。病院も退職したと話す…というのが今回のあらすじ。


息子のために仕事を探し続ける老いて病を患った父親。その様に「これ、父、今は死ねないって気持ち」「息子が心配で死ねないってどんな不幸フラグだよ」「アライブ色んな角度から刺してくるな」などの声が上がる。


そしてラストで三浦さん演じる関河が医療ジャーナリストになった経緯も明かされた。医学部時代に患者への情報公開に関して疑問を持ちジャーナリストになり、誠実に医療問題を追及してきたその姿に「ジャーナリストの前は医学部だった。納得」「病院の事情も知った上で真実を伝えようとしてたのか……ひどいこと思って申し訳ないっす」などといった“謝罪”の声も多数寄せられている。

《笠緒》

特集

関連記事

特集

page top