クリステン&エラのキレッキレダンスシーン到着『チャーリーズ・エンジェル』

新世代の『チャーリーズ・エンジェル』から、クリステン・スチュワートとエラ・バリンスカの息の合ったダンスシーンの本編映像が解禁された。

映画 洋画ニュース
『チャーリーズ・エンジェル』
  • 『チャーリーズ・エンジェル』
  • 『チャーリーズ・エンジェル』
  • 『チャーリーズ・エンジェル』
  • 『チャーリーズ・エンジェル』
  • 『チャーリーズ・エンジェル』
  • 『チャーリーズ・エンジェル』
  • 『チャーリーズ・エンジェル』
  • 『チャーリーズ・エンジェル』
ナオミ・スコット、クリステン・スチュワート、エラ・バリンスカが新世代のエンジェルを演じる『チャーリーズ・エンジェル』。本日2月21日(金)の日本公開に向け、クリステンとエラの息の合ったダンスシーンの本編映像が解禁された。

>>『チャーリーズ・エンジェル』あらすじ&キャストはこちらから

『アラジン』のジャスミン役で大ブレイク中のナオミ・スコット、「シャネル(CHANEL)」のミューズであり、近年様々な作品で活躍するクリステン・スチュワート、そして「カルティエ(Cartier)」のアンバサダーであり、抜群のスタイルを誇る新鋭女優エラ・バリンスカ、さらに監督・脚本・製作・出演にはエリザベス・バンクスという顔ぶれが揃った本作。

『チャーリーズ・エンジェル』
今回解禁されたのは、エンジェルたちの“バッド・ガール”ぶりが映えるダンスシーン。敵陣のパーティに忍び込むサビーナ(クリステン)とジェーン(エラ)。数多くの警備員やボディガードたちもいる中、2人はパーティの客に扮し、派手なメイクとスパンコール付きのボディコンシャスなドレスで登場。


人がひしめくパーティ会場で大音量で流れるのは、ディスコの女王ドナ・サマーの大ヒット曲「バッド・ガール」。軽快なサウンドにのり、客たちの中心となってキレッキレのダンスを踊るサビーナとジェーン。ダンスに夢中になっているように見せかけても、彼女たちの瞳は周りの状況を鋭く探っている…というエンジェルの仕事ぶりも伺える映像といえそうだ。

『チャーリーズ・エンジェル』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top