岩谷編集長に「最高な上司」の声、野中演じる重岡大毅の“怪演”にも注目集まる「知らなくていいコト」8話

吉高由里子が殺人犯の娘という秘密を背負った週刊誌記者を演じる「知らなくていいコト」の8話が2月26日放送。ついに殺人犯の娘であることが公になったケイト。今回はそんなケイトを支える岩谷編集長と、クズっぷりが加速する野中に視聴者の注目が集まっている。

最新ニュース スクープ
「知らなくていいコト」第8話 (C) NTV
  • 「知らなくていいコト」第8話 (C) NTV
  • 「知らなくていいコト」第8話 (C) NTV
  • 「知らなくていいコト」第8話 (C) NTV
  • 「知らなくていいコト」第8話 (C) NTV
吉高由里子が殺人犯の娘という秘密を背負った週刊誌記者を演じる「知らなくていいコト」の8話が2月26日放送。ついに殺人犯の娘であることが公になったケイト。今回はそんなケイトを支える岩谷編集長と、クズっぷりが加速する野中に視聴者の注目が集まっている。

母の不倫で殺人犯の娘として生まれたことを知った「週刊イースト」週刊誌記者の真壁ケイトに吉高さん。ケイトの元カレで今は妻子ある身だがケイトと再び深い関係となる尾高由一郎に柄本佑。ケイトと付き合っていたが殺人犯の娘と知りプロポーズを撤回、さらに他誌にケイトの秘密を売る野中春樹に重岡大毅。

ケイトが所属する「週刊イースト」編集長の岩谷進に佐々木蔵之介。ケイトの父で殺人犯として服役、出所して今は静かに暮らす乃十阿徹に小林薫といったキャストが出演する本作。


※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
情報提供者に恨まれ編集部で刺されてしまったケイト。ケイトをかばった尾高も背中を刺されてしまう。その様子を見て嫉妬、編集部で孤立感を感じた野中はほかの雑誌記者にケイトの秘密をリークする。

マスコミに騒がれたことで上層部からケイトを異動させるよう圧をかけられた岩谷は、上の要求を突っぱねるためケイトに右トップを取らせようと、与党議員・梅沢の金庫番だった男・相田の自殺でうやむやになったワイロ疑惑について追わせる。

岩谷は梅沢の資金管理団体の帳簿が3か月分消えたという情報を掴んでいた。ケイトは襲撃事件のトラウマを抱えながらも消えた帳簿探しに奔走するが、相田の妻・依子(遠藤久美子)は頑なに取材を拒否。その翌日、ついにケイトが乃十阿の娘だという記事が他誌に掲載される…というのが今回のストーリー。


ケイトが乃十阿の娘だと知っても「そうか、わかった」とだけ答え、編集部全員を前に「ここに書いてあることは本当だ。しかし我々の仕事は何も変わらない。大事なのは何も変わらないという姿勢だ」と力強く宣言。「仕事でこんな話は吹き飛ばせ」とケイトに檄を飛ばし、尾高との関係にも「自分の望む人生を手に入れろ」と“エール”を送る岩谷編集長に「編集長みたいな上司がいい」「最高な上司すぎない??号泣」「なんで編集長こんな良い人なの??惚れる」など感激した視聴者からのメッセージが続々。

一方、ケイトや尾高におびえ、四つん這いで編集部を這いまわったあげく、自分を殴った尾高に「不倫がバレたらもっとひどいことになる」と逆に脅しをかけながら泣きわめく野中の姿に「完全にイカれちゃってる」「もうしんどさが限界突破しとんやな」などの声が殺到。

野中を演じる重岡さんにも「演技が最高 怖さとおもしろさ兼ね合わせてる笑」「あの演技はすごい」など、その“怪演”ぶりを讃える声が寄せられている。

《笠緒》

特集

関連記事

特集

page top