篠原涼子、朝ドラ初出演! 成田凌が杉咲花と二人三脚で奮闘「おちょやん」

2020年度後期放送の連続テレビ小説第103作「おちょやん」。この度、杉咲花演じるヒロインをとりまく新たな出演者が発表された。

最新ニュース スクープ
2020年度後期放送の連続テレビ小説第103作「おちょやん」。この度、杉咲花演じるヒロインをとりまく新たな出演者が発表された。

今回出演が明らかになったのは、連続テレビ小説初出演となるトータス松本、宮澤エマ、篠原涼子をはじめ、名倉潤、いしのようこ、成田凌、星田英利、中村鴈治郎、井川遥、若村麻由美といった10名のキャスト。

杉咲さん演じるヒロイン・竹井千代は、貧しい家に生まれ、幼い頃に母を亡くし、父と弟の3人暮らしで、口が達者で機転がきく少女。そんな千代の世渡り下手な父・テルヲ役を、ミュージシャンの松本さん。父が連れてきた千代の新しい母、千代とは次第に対立していく栗子役を、「ラ・マンチャの男」「ウエスト・サイド・ストーリー」などのミュージカル作品で活躍する宮澤さんが演じる。

トータス松本トータス松本
また、千代は9歳のとき、女中奉公に出された道頓堀で芝居の世界に出会い、その魅力にとりつかれることに。その<道頓堀の人びと>として、千代が女中奉公することになる芝居茶屋「岡安」を取り仕切る女将・岡田シズ役を、主演ドラマ「ハケンの品格」の続編が決定した篠原さん。「岡安」の主人・岡田宗助役を「ネプチューン」の名倉さん。シズとはことあるごとに張り合う老舗の芝居茶屋「福富」の女将・富川菊役をいしのさん。

名倉潤名倉潤
<喜劇界の人びと>として、やがて千代と結婚し、二人三脚で奮闘する、人気喜劇一座の座長・天海天海(あまみてんかい)の息子・天海一平役を成田さん。千代と一平にとっては、師匠であり、ライバルであり、トラブルメーカーでもある須賀廼家千之助役を星田さんが演じる。

成田凌成田凌
そのほか、鴈治郎さんが上方演劇界のドン・大山鶴蔵役、井川さんが千代の憧れの女優・高城百合子役、若村さんが千代の最初の師匠・山村千鳥役で出演する。

新たな出演者の発表を受けて、杉咲さんは「私の演じさせていただく千代が劇中でお芝居の世界に魅了されていくように、素敵な共演者の皆さまとご一緒させていただける時間は、私の俳優人生においてもきっと刺激的で贅沢な、特別な時間になるのだろうなと、今から楽しみで仕方がありません」と期待し、「最後まで楽しい撮影現場になるように、そしてなにより素敵な作品をお届けできるように、皆さんと力を合わせて頑張ってまいりたいと思います!」と改めて意気込んでいる。

杉咲花
本作は、女優の道を生き抜き、「大阪のお母さん」と呼ばれるようにまでなった、ひとりの女性の物語。大阪の南河内の貧しい家に生まれた少女が、奉公に出ていた道頓堀で芝居のすばらしさに魅了され、女優の道を目指していくストーリー。

連続テレビ小説「おちょやん」は9月28日(月)よりNHKにて放送。
《cinemacafe.net》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top