『ナイチンゲール』リベンジする注目女優、監督は「全てを出し切れるまで付き添ってくれた」

第75回ヴェネチア国際映画祭にて新人俳優賞(マルチェロ・マストロヤンニ賞)と審査員特別賞の2冠を達成した復讐劇『ナイチンゲール』が、3月20日(金)より公開。

映画 洋画ニュース
『ナイチンゲール』 (C)2018 Nightingale Film Holdings Pty Ltd, Screen Australia and Screen Tasmania.
  • 『ナイチンゲール』 (C)2018 Nightingale Film Holdings Pty Ltd, Screen Australia and Screen Tasmania.
  • 『ナイチンゲール』 (C)2018 Nightingale Film Holdings Pty Ltd, Screen Australia and Screen Tasmania.
  • 『ナイチンゲール』 (C)2018 Nightingale Film Holdings Pty Ltd, Screen Australia and Screen Tasmania.
  • 『ナイチンゲール』 (C)2018 Nightingale Film Holdings Pty Ltd, Screen Australia and Screen Tasmania.
  • 『ナイチンゲール』 (C)2018 Nightingale Film Holdings Pty Ltd, Screen Australia and Screen Tasmania.
第75回ヴェネチア国際映画祭にて新人俳優賞(マルチェロ・マストロヤンニ賞)と審査員特別賞の2冠を達成した復讐劇『ナイチンゲール』が、3月20日(金)より公開。この度、主演アイスリング・フランシオシのインタビューと本編クリップがシネマカフェに到着した。

>>『ナイチンゲール』あらすじ&キャストはこちらから

本作は、英国植民地時代のオーストラリアを舞台に、夫と子どもの命を残虐な将校らに奪われた女囚クレアの復讐の旅を描いたリベンジ・スリラー。監督デビュー作『ババドック 暗闇の魔物』が高い評価を浴びたオーストラリアのジェニファー・ケント監督は、本作をジャンル映画の枠に留まらせることなく、人間の暴力性と差別の問題に鋭く切り込み、流刑地における女性虐待と植民地化によって人口の90%が失われたという先住民族アボリジニの迫害の歴史を赤裸々に抉り出した。

『ナイチンゲール』 (C)2018 Nightingale Film Holdings Pty Ltd, Screen Australia and Screen Tasmania.
ヴェネチア国際映画祭ではコンペティション部門唯一の女性監督作品として注目されながらも、あまりにも過激で衝撃的な内容が物議を醸した話題作だ。

『ナイチンゲール』 (C)2018 Nightingale Film Holdings Pty Ltd, Screen Australia and Screen Tasmania.
今回解禁する本編映像は、人気ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」のリアナ・スターク役や「THE FALL 警視ステラ・ギブソン」のケイティ・ベネデット役で知られるアイスリング演じる主人公クレアが、サム・クラフリン演じる英国将校たちに無理やり歌わされる冒頭シーン。クレアは貧しさゆえに盗みを働き、アイルランドから当地に送られたが、刑期を務め上げたにもかかわらず無理やり拘留され、不自由な暮らしを強いられていた。


本格的なトレーニングを受けたオペラ歌手でもあるアイスリングが、映像の中で披露する歌は古いアイルランド民謡「ザ・ナイチンゲール」。美しい鳴き声で知られる小夜啼鳥(さよなきどり)を意味するこの歌は、まさにクレア自身を象徴しており、彼女が“檻の中の鳥”であることが示唆されている。自由を奪われ、男たちの慰みものとなっているクレアは、自分の人生を取り戻すためにある決断をする…。

「多くの女性がどれほど打たれ強く、どれほど強くいられるか見せてくれる」


『ナイチンゲール』 (C)2018 Nightingale Film Holdings Pty Ltd, Screen Australia and Screen Tasmania.
本作ではその体当たりの演技が絶賛され、ヴェネチア国際映画祭の新人俳優賞をはじめ、数々の映画祭で新人賞を受賞したアイスリング。クレア役に決まった後、「この時代についてのドキュメンタリーや映画を見たり、本を読んだりしただけでなく、女性への暴力や性的虐待のことについての作品にも触れました。それが、クレアの経験に繋がるだろうと思ったからです」と語る。

『ナイチンゲール』 (C)2018 Nightingale Film Holdings Pty Ltd, Screen Australia and Screen Tasmania.
その中で知ったことの1つが、「統計的にみれば、世界的にレイプ犯罪の件数は減っていない」ことだという。「私はぞっとし、怒りが込みあげてきました。なぜこんなことが、まだ起こっているのか? クレアは、多くの女性がどれほど打たれ強く、どれほど強くいられるか見せてくれる。だからそれをスクリーン上に、誠実に正直に映し出すことが重要だと思いました」と語っている。

また、ジェニファー・ケント監督との仕事は「本当に刺激的」とふり返るアイスリング。「決して妥協しないので、彼女が皆から最高のパフォーマンスを引き出すことは分かっていました。彼女は非常に協力的であり、そのシーンが上手くいくまで、全てを出し切れるまで付き添ってくれたのです」と明かした。

『ナイチンゲール』 (C)2018 Nightingale Film Holdings Pty Ltd, Screen Australia and Screen Tasmania.
さらに、壮絶な共演を果たしたサムについては、「誠実なパフォーマンスのためには、私たちはお互いを深く信頼しなければなりませんでした。誰かの前で弱さをさらけ出すのは簡単ではありません。しかし、サムはエゴがなく、素晴らしい俳優だと思いました」と絶賛を贈っている。

『ナイチンゲール』は3月20日(金・祝)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top