天海祐希らキャストに「ドンピシャ」、続編希望の声も続々…「トップナイフ」最終回

天海祐希主演、“ゴッドハンド”と呼ばれる天才脳外科医たちの苦悩、葛藤を描いてきた「トップナイフ ―天才脳外科医の条件―」が3月14日の放送で最終回を迎え、早速「続編」を望む声がSNSにあふれている。

最新ニュース スクープ
「トップナイフ-天才脳外科医の条件-」最終回 (C) NTV
  • 「トップナイフ-天才脳外科医の条件-」最終回 (C) NTV
  • 「トップナイフ-天才脳外科医の条件-」最終回 (C) NTV
  • 「トップナイフ-天才脳外科医の条件-」最終回 (C) NTV
  • 「トップナイフ-天才脳外科医の条件-」最終回 (C) NTV
  • 「トップナイフ-天才脳外科医の条件-」最終回 (C) NTV
  • 「トップナイフ-天才脳外科医の条件-」最終回 (C) NTV
  • 「トップナイフ-天才脳外科医の条件-」最終回 (C) NTV
天海祐希主演、“ゴッドハンド”と呼ばれる天才脳外科医たちの苦悩、葛藤を描いてきた「トップナイフ ―天才脳外科医の条件―」が3月14日の放送で最終回を迎え、早速「続編」を望む声がSNSにあふれている。

数々の医療ドラマを手がけてきた林宏司が脚本を、「女王の教室」の大塚恭司が演出を手がけ、外科医の中でも最も高度な技術が要求される“脳外科医”たちにスポットを当てたリアル・ドクターストーリーが展開してきた本作。


東都病院脳神経外科の脳外科医・深山瑤子に天海さん。“世界のクロイワ”黒岩健吾に椎名桔平。西郡琢磨に永山絢斗。新人脳外科医の小机幸子に広瀬アリス。脳神経外科部長の今出川孝雄役で三浦友和。看護師・小沢真凛に森田望智。看護師・犬飼剛に福士誠治、BAR「カサブランカ」のマスター・来島達也に古川雄大、深山の娘・真実に桜田ひよりといった顔触れがレギュラー出演。各話に出演したゲストも物語を彩った。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。


東都病院にトップナイフたちが集められたのは今出川の妻・里美(有森也実)をオペするためだった。里美から執刀して欲しいと言われた今出川も参加した難手術が始まる。

その頃、深山は、鉄筋が頭部を貫通する事故から奇跡的に回復に向かっている中学生・徹(田中奏生)から、「母親に殺されそうになった」と打ち明けられる。徹は母親を“お母さんを乗っ取った宇宙人”だと言い出す…。さらに深山は元夫から娘の真美を「返して欲しい」と迫られる…というのが最終回の物語。

真美は自らの意思で元夫夫妻のもとに戻ることを決断。深山は今出川の後を継いで部長に就任するというラストだった。


SNSには視聴者からの「深山役が天海祐希でこそのドラマだったなあ 天海祐希だけじゃなくて他の役もみんなすっごいドンピシャでハマってた」「天海さん、相変わらず綺麗やったなぁ…椎名桔平×天海祐希×永山絢斗+広瀬アリス、良かった!」とキャストに対する賞賛が多数投稿。

また話題となったエンディングのダンスにも「EDダンス見るのも毎週楽しみだったのになー」「ストーリーとエンディングのダンスが毎週楽しみで、凄くおもしろかった」などの感想も数多く、「「脳にはまだ分からないことがある…」ので、続編などでまた深山先生達に出会えることができたら」「100%天才医師の天海さんが見たかったな」「深山先生が部長になった後の続編も観たいな」など、続編を望む声が続々と寄せられている。
《笠緒》

特集

関連記事

特集

page top