山田孝之「“素”を出した」パパ役に注目!広末涼子&伊藤沙莉も絶賛『ステップ』

父と娘の10年間の軌跡を描く映画『ステップ』。この度、“パパ役”の山田孝之=“パパ之”としてSNSでも話題となっている本作から、レアすぎる新カットを入手した。

映画 邦画ニュース
『ステップ』(C)2020映画『ステップ』製作委員会
  • 『ステップ』(C)2020映画『ステップ』製作委員会
  • 『ステップ』(C)2020映画『ステップ』製作委員会
  • 『ステップ』(C)2020映画『ステップ』製作委員会
  • 『ステップ』(C)2020映画『ステップ』製作委員会
  • 『ステップ』(C)2020映画『ステップ』製作委員会
  • 『ステップ』(C)2020映画『ステップ』製作委員会
  • 『ステップ』(C)2020映画『ステップ』製作委員会
  • 『ステップ』(C)2020映画『ステップ』製作委員会
山田孝之主演で父と娘の10年間の軌跡を描く映画『ステップ』。この度、“パパ役”の山田孝之=“パパ之”としてSNSでも話題となっている本作から、レアすぎる新カットを入手した。

>>『ステップ』あらすじ&キャストはこちらから

先日行われた本作のトークイベントでは、山田さんが「今回は演じていません」とキッパリ。続けて「20年間エキセントリックな役を演じ続けてきましたが、今回遂に“素”の山田孝之を出しました!」と宣言していた。

新カットは、妻・朋子の突然の死によって、男手1つで娘・美紀を育てることになった健一の育児シーン3点。美紀を引き取ることもできると提案してくれた義理の父・松村明(國村 隼)と母・美千代(余 貴美子)の申し出を断り、自分の手で美紀を育てていくことを決意した健一は、仕事と育児の両立に奮闘しながら、少しずつ“父親”として成長していく。

『ステップ』(C)2020映画『ステップ』製作委員会
毎日会社に通いながらの保育園への送り迎えや、ぐずる美紀をなだめながらの食事、寝る前の絵本の読み聞かせなど、手探りで幼い娘の世話に勤しむ健一。本作は、そんな健一がヘトヘトになり、ときには自信をなくしてしまうこともあるなかで、亡き妻が残してくれた周囲との絆に支えられながら、娘とゆっくりと前へ進んでいく10年間を、優しく描き出す。

『ステップ』(C)2020映画『ステップ』製作委員会
今回解禁された新カットはいずれも、娘・美紀を愛おしそうに見つめる優しい表情の数々を見ることができるが、個性派俳優として知られる山田さんが“素”を出したという“パパの顔”はどれも貴重だ。

広末涼子「私も素に近かった」 伊藤沙莉は「初めて見る山田さん」に緊張


『ステップ』(C)2020映画『ステップ』製作委員会
さらに、山田さんとは本作が初共演であり、健一が悩みを相談する同僚・斎藤奈々恵を演じた広末涼子も演技に影響があったという。「山田さん演じる健一が戸惑っている感じとか不器用な感じとか、それが役作りなのかご本人の性質なのかわからないですけど、すごく伝わってきて。それが自分の緊張感なのか、奈々恵としての戸惑いなのか?という空気が生まれたので、私も素に近かったかもしれないです」と明かした。

『ステップ』(C)2020映画『ステップ』製作委員会
また、「REPLAY & DESTROY」やNetflixオリジナルシリーズ「全裸監督」などで山田さんと共演し、本作では美紀の通う保育園の先生役を演じた伊藤沙莉も「初めて見る山田さんでちょっと緊張しました」と、いつもと異なる印象を抱いたと言う。さらに、「保育園のシーンでは、山田さんは見たことのないやわらかい顔をしていました。パパの顔をしているのってあまり見られないから、それはすごく新鮮で、陰からずっと見ていました」と、本編の保育園のシーンで現れる山田さんの“素”の“パパの顔”について言及している。

『ステップ』は4月3日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top