カンヌ国際映画祭、仏誌による「開催中止」報道を否定

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、世界各国の様々なイベントが中止・延期されている中、世界三大映画祭の1つ、カンヌ国際映画祭の開催(5月12日~23日)も危ぶまれている。

最新ニュース ゴシップ
第71回カンヌ国際映画祭 (C) Getty Images
  • 第71回カンヌ国際映画祭 (C) Getty Images
  • 『万引き家族』第71回カンヌ国際映画祭   (C)2018 Getty Images
  • ポン・ジュノ監督「第72回カンヌ国際映画祭」 (C) Getty Images
  • スパイク・リー -(C) Getty Images
新型コロナウイルスの感染拡大を受け、世界各国の様々なイベントが中止・延期されている中、世界三大映画祭の1つ、カンヌ国際映画祭の開催(5月12日~23日)も危ぶまれている。

「The Hollywood Reporter」によると、土曜日(現地時間)、フランスの週刊誌「Le Point」が、同映画祭委員会のあるメンバーの「不可能でないにせよ、非常に難しいのではないか」という映画祭の中止に関する発言を掲載したという。

ほとんどの監督や出演者が出席できないことが明らかなのに、中国、韓国、イラン、イタリアなどの感染者が多く認められた国を含む、約50か国もの映画の審査を行うことが可能なのかという疑問も。

さらに先日、フランスのフィリップ首相が、100人以上が集まる行事を禁止すると発表した。メット・ガラの出品作品が上映される映画館の席数は2300席あるが、2300人を収容して上映することは禁じられる。

同関係者は、「開催期間中の10日以上も、健康状態が管理されていない群衆の中に審査員長のスパイク・リーがいることは想像できない」とも述べている。

同映画祭の主催者はこのような報道を否定し、「カンヌ市とフランス国立映画センターと協議の上、4月中旬には必要な決定を下す」と表明している。
《Hiromi Kaku》

特集

関連記事

特集

page top