新型コロナの影響で『ブラック・ウィドウ』の公開が延期、『アバター』の続編製作中断

新型コロナウイルスの感染拡大により、5月公開予定の映画にも影響が出始めた。

最新ニュース ゴシップ
サンディエゴのコミコンでMCUの発表 (C) Getty Images
  • サンディエゴのコミコンでMCUの発表 (C) Getty Images
  • サンディエゴのコミコンでMCUの発表 (C) Getty Images
  • スカーレット・ヨハンソン (C) Getty Images
新型コロナウイルスの感染拡大により、5月公開予定の映画にも影響が出始めた。

アメリカで5月1日に公開予定だったスカーレット・ヨハンソン主演作『ブラック・ウィドウ』の延期が決まったという。新たな公開予定日は現時点では不明。「Variety」誌が報じた。

ディズニーはすでに3月・4月に公開予定だった『ムーラン』、『ニュー・ミュータンツ』、『Antlers』の延期を発表している。

アメリカではニューヨーク、ニュージャージー、オハイオ、ペンシルバニア、ワシントンなどの複数の州で映画館が閉鎖されており、大手映画館チェーン「AMCシアターズ」は全国的に「6週間~12週間の閉鎖の見込み」と発表。全国で上映自体が難しくなっている状況だ。

映画は公開の延期のみならず、製作にも大きな影響を受けている。ニュージーランドで行われている『アバター』の続編の製作も火曜日(現地時間)、中断された。先月、『アバター』の公開予定日については『アバター2』が2021年12月17日、『アバター3』は2023年12月、『アバター4』は2025年12月、『アバター5』は2027年12月と発表された。今回の製作延期によって、公開予定日が変更されるかは明らかになっていない。
《Hiromi Kaku》

特集

関連記事

特集

page top