夫が若返る? 歴代の元カレも…不思議な夜を映し出す『今宵、212号室で』予告

パリのホテルを舞台に繰り広げられるマジカルな一夜の物語を描く映画『今宵、212号室で』より、予告編と本ビジュアルが到着した。

映画 洋画ニュース
パリのホテルを舞台に繰り広げられるマジカルな一夜の物語を描く映画『今宵、212号室で』より、予告編と本ビジュアルが到着した。

>>『今宵、212号室で』あらすじ&キャストはこちらから

主人公マリアをカトリーヌ・ドヌーヴを母にもつキアラ・マストロヤンニ、夫役はバンジャマン・ビオレが務め、元夫婦共演も話題の本作。今回到着した予告編では、結婚して20年、密かに重ねていた浮気が発覚してしまったマリアが、夫リシャールと一晩距離を置くため、近くのホテル“212号室”を訪れる。

『今宵、212号室で』(C)Les Films Pelleas/Bidibul Productions/Scope Pictures/France 2 Cinema
すると、20年前の姿をした夫、さらには歴代の元カレたちも大集合と、ファンタスティックな一夜が幕を開ける――。


そんな不思議な出来事が映し出される本映像。若き夫が言うには、この“212号室”は“民法212条”=「夫婦は互いに尊重し、貞節であること」と関連しているそうだが…。

さらに映像と同時に公開されたポスタービジュアルには、ホテルのベッドに並んで物思いにふける2人を写し出す。また夜空の背景が、本作のマジカルな物語を予感させるようだ。

『今宵、212号室で』(C)Les Films Pelleas/Bidibul Productions/Scope Pictures/France 2 Cinema
『今宵、212号室で』は6月12日(金)よりBunkamuraル・シネマ、シネマカリテほか全国にて順次公開。
《cinemacafe.net》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top