原作と違うラストに「切なすぎ」、兄・慎吾の現代の姿に「最高」の声も…「テセウスの船」最終回

竹内涼真主演、鈴木亮平、榮倉奈々、上野樹里らがらが共演した日曜劇場「テセウスの船」の最終回が3月22日放送。原作とはまた別のラストに視聴者の反応は? 最後に明かされた“兄”の姿にも驚きの声が集まっている。

最新ニュース スクープ
「テセウスの船」第10話 (C) TBS
  • 「テセウスの船」第10話 (C) TBS
竹内涼真主演、鈴木亮平、榮倉奈々、上野樹里らがらが共演した日曜劇場「テセウスの船」の最終回が3月22日放送。原作とはまた別のラストに視聴者の反応は? 最後に明かされた“兄”の姿にも驚きの声が集まっている。

「モーニング」(講談社)連載の同名コミックを原作にドラマ化。竹内さんが生まれる前に父・文吾が大量殺人犯として逮捕され、加害者家族として生きていた田村心を演じ、父の事件と向き合う決意をした心が平成元年にタイムトラベル。過去の文吾と出会い無実を信じた心が、事件を防ぎために奮闘するも、それによって歴史がより悲惨なものに変わり、再び過去に戻って…というストーリーが繰り広げられてきた。

心の父・佐野文吾に鈴木さん。母・和子に榮倉さん。心の妻・由紀に上野樹里。そのほか麻生祐未、笹野高史、「霜降り明星」せいやも出演。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
文吾と犬猿の仲だった監察官・馬淵(小籔千豊)によって逮捕された文吾のもとに、本が差し入れられる。中を開くと暗号が仕込まれており、それを読んだ文吾は面会に来た心と和子に「共犯者は俺だ」と告げる。

一方意識が戻ったみきおが行方不明になり、混乱したさつきが離れた隙に病室に潜入した心は、みきおからのメッセージを受け取り音臼小に向かうと、待っていたみきおは「鈴のヒーローになりたかった」と、自分に気持ちを振り向かせるため一連の犯行を行ったと告げ、「鈴が喜ぶのは文吾を無罪にすること」だと自ら毒を飲む。

文吾は釈放されるが共犯者はいまだわからず、12年前の村祭りにヒントがあると考える心たち。そんななか共犯者から、和子、鈴、慎吾ら佐野家を皆殺しにするというメッセージが届けられ…というのが最終回のストーリー。

みきおの共犯者は正志(せいや)だった…。文吾に恨みを持っていた正志は、自分を文吾に刺殺させようとするが、助けに入った心がナイフを受け亡くなってしまう。それから30年、新たな2020年の世界で心は由紀を家族に引き合わせる。そこには幸せそうな文吾、和子、鈴、慎吾ら佐野家の姿があった…というラストだった。

「お父さんしかタイムスリップの記憶ないのか」「最初の心さんは死んでしまったから、もう全てを知っている人はお父さんしかいなくなってしまったんだね」「心さんと過ごした時間の尊さと、心さんを亡くしたことをひとりで抱えながら文吾が過ごしてきた時間と気持ちを思うとびっくりするくらい号泣してしまった」「過去を知る人は文吾さんだけだったのは切なすぎ」と、ラストの文吾に想いを寄せる視聴者からのメッセージが多数。

そしてこれまで登場してこなかった心の兄・慎吾役で「ハライチ」澤部佑が出演。「あの平和坊主の未来の姿なんて澤部一択」「キャスティングした方へ...最高です」「最後全部持っていきやがった」と、幸せなまま未来を迎えた佐野家を象徴するようなその笑顔にも数多くの声が送られている。
《笠緒》

特集

関連記事

特集

page top