浜辺美波&横浜流星、和菓子屋を舞台にラブミステリー「私たちはどうかしている」ドラマ化

浜辺美波と横浜流星が初共演でW主演、老舗和菓子屋を舞台にしたラブミステリー「私たちはどうかしている」が7月期水曜ドラマとしてスタートすることが決まった。

最新ニュース スクープ
浜辺美波&横浜流星
  • 浜辺美波&横浜流星
  • 「私たちはどうかしている」原作1巻書影 (C)安藤なつみ/講談社
浜辺美波と横浜流星が初共演でW主演、老舗和菓子屋を舞台にしたラブミステリー「私たちはどうかしている」が7月期水曜ドラマとしてスタートすることが決まった。

原作は、講談社「BE・LOVE」にて連載中、累計発行部数200万部超の安藤なつみによる同名コミック(既刊11巻)。

「アリバイ崩し承ります」でも好演を見せた浜辺さんが演じるのは、修業中の和菓子職人、花岡七桜(はなおか・なお)。住み込みの和菓子職人だった母親の才能を受け継いでおり、人の心を掴む、斬新で思いやりのある御菓子を作る。芯が強く、誰にも物おじしない性格だが、和菓子愛が強すぎて周りが戸惑うほど熱く語るなど“和菓子バカ”の一面も。浜辺さんは日本テレビのドラマ初主演となる。

創業400年の老舗和菓子屋「光月庵」の跡取り息子、高月椿(たかつき・つばき)を演じるのは、「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」も記憶に新しく、今年のエランドール賞・日本アカデミー賞新人俳優賞にも輝いた横浜さん。一見、クールで傍若無人だが、それは和菓子や店に対する強い思いがあるがゆえ。母や祖父から愛情を受けてきておらず、実はとても不器用。

「私たちはどうかしている」原作1巻書影 (C)安藤なつみ/講談社
七桜と椿は同い年で、お互いに初恋の相手だったという役どころ。15年前に起こった老鋪和菓子屋「光月庵」主人=椿の父の殺害事件を巡り、“容疑者の娘”と“被害者の息子”という2人が過酷な運命に翻弄されながらも惹かれ合う物語を「あなたの番です」のスタッフが描く。

数々の和菓子、着物、和室など、日本文化「和」の美しさも見どころの1つとなる。

浜辺美波「挑戦となるシーンもたくさん」


浜辺さんは、「私が演じる七桜は、常に複雑で切ない思いと葛藤しながら椿と、そして和菓子と、向き合う女性です。亡き母への想い、和菓子への想い、そして椿への想い、たくさんの想いを重ねる七桜の気持ちを想像して誰よりも理解してあげられるよう寄り添いたいと思います」とコメント。「私にとって、挑戦となるシーンもたくさんあるので、丁寧に、激しくそして豊かに作りあげていけたら」と新たな挑戦を明かしている。

横浜流星「信念を貫き、奮闘するカッコ良い男」


一方、「和菓子作りも始めました。繊細な作業で難しいですが、とても楽しい」という横浜さん。「亡き父を尊敬していて父の言葉を信じ、光月庵を大切に思い、立て直そうと信念を貫き、奮闘するカッコ良い男です」と語り、「椿と向き合い、光月庵や和菓子に対する情熱や想い、孤独さや苦悩を繊細に演じられればと思います。父が亡くなったことがきっかけで生まれた七桜との歪な関係も物語の魅力的な部分だと思っています。“どうかしている”2人が行き着く先を、ハラハラドキドキしながら毎週楽しみにして頂けると嬉しい」とコメントする。

浜辺美波&横浜流星

原作者・安藤なつみ「『美しい』しかない世界なのに話はドロドロ」


そして安藤さんは、「自分の漫画人生の中でドラマ化なんてことが起こるなんて信じられなくてずっとふわふわしています。何があるかわからないものです」と喜びを露わに。「おまけに一視聴者として楽しんできた日テレさんの水曜10時! とても光栄です。浜辺美波さんと横浜流星くん、そして和菓子に着物と『美しい』しかない世界なのに話はドロドロな愛憎劇…そのギャップを楽しみたいです!! カラーでみられる数々の和菓子にも期待です!!!」と明かしている。

水曜ドラマ「私たちはどうかしている」は7月期、毎週水曜22時~日本テレビにて放送。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top