King Gnu、藤原竜也&竹内涼真『太陽は動かない』主題歌担当! 楽曲入り予告編も

藤原竜也と竹内涼真が最強バディを組む極限のノンストップ・サスペンス『太陽は動かない』。この度、本作の主題歌を「King Gnu」が担当することが決定。主題歌「泡」(あぶく)入りの最新予告編映像も到着した。

映画 邦画ニュース
『太陽は動かない』(C)吉田修一/幻冬舎 (C)2020「太陽は動かない」製作委員会
  • 『太陽は動かない』(C)吉田修一/幻冬舎 (C)2020「太陽は動かない」製作委員会
  • 「King Gnu」
  • 『太陽は動かない』 (C)吉田修一/幻冬舎 (C)2020 映画「太陽は動かない」製作委員会
  • 『太陽は動かない』 (C)吉田修一/幻冬舎 (C)2020 映画「太陽は動かない」製作委員会
  • 『太陽は動かない』 (C)吉田修一/幻冬舎 (C)2020 映画「太陽は動かない」製作委員会
  • 『太陽は動かない』 (C)吉田修一/幻冬舎 (C)2020 映画「太陽は動かない」製作委員会
  • 『太陽は動かない』 (C)吉田修一/幻冬舎 (C)2020 映画「太陽は動かない」製作委員会
  • 『太陽は動かない』本ポスター(C)吉田修一/幻冬舎 (C)2020 映画「太陽は動かない」製作委員会
藤原竜也と竹内涼真が最強バディを組む極限のノンストップ・サスペンス『太陽は動かない』。この度、本作の主題歌を「King Gnu」が担当することが決定。主題歌「泡」(あぶく)入りの最新予告編映像も到着した。

>>『太陽は動かない』あらすじ&キャストはこちらから

FUJI ROCK FESTIVALなど大型フェスへ出演し、盟友クリエイティブレーベル「PERIMETRON」と制作するMV・アートワークで注目を集め、ライブチケットは毎回即完、唯一無二の世界観を築きあげている「King Gnu」。「イノセンス 冤罪弁護士」や『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』の主題歌、また先日スタートした新CMなどのタイアップソングも話題に。

「King Gnu」
今回発表された主題歌「泡」は、本作のために書き下ろされた楽曲で、到着した予告編では、楽曲が初披露。常に死と隣り合わせのエージェント、鷹野(藤原さん)と田岡(竹内さん)の心情に寄り添っている。


そして、鷹野と田岡がノースタントで約10mの陸橋から走行中の列車にダイブするシーンからスタートし、度肝を抜くノンストップアクションが連続する本映像。タイムリミットが迫る中、弱さを抱える田岡は「死ぬの怖くないすか?」と問い、冷静沈着、感情を表に出さない鷹野は「一日を生きてるだけだ!」と諭す。そんな中、司令塔・風間(佐藤浩市)から最悪の指令が下る…。

今作では、ハードアクションを吹き替えなしで自ら演じるために、藤原さんは半年に及ぶトレーニングで強靭な肉体を作り上げ、また竹内さんは走行中の貨物車内の格闘シーンで、激しくぶつかったドアのガラスがその衝撃で割れるという大熱演を繰り広げ、日本では不可能なアクションシーンを見事成功させている。

『太陽は動かない』 (C)吉田修一/幻冬舎 (C)2020 映画「太陽は動かない」製作委員会

「King Gnu」常田大希 コメント


生まれや育ちは選べない
皆それぞれ与えられた運命に
翻弄されながら足掻き抗い生きている

この映画の世界や人々は
果たして我々と無関係なのだろうか

運命の不条理さと
それでも生きることの尊さを
再確認できました

泡のような
儚いこの世界に乾杯

『太陽は動かない』は5月15日(金)より全国にて公開。
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top