藤原竜也が苦手な高所に水中…あのアクションの撮影裏公開『太陽は動かない』

藤原竜也と竹内涼真がバディを組む映画『太陽は動かない』。この度、本作のアクションシーン撮影をとらえたメイキング映像が到着した。

映画 邦画ニュース
映画『太陽は動かない』(C)吉田修一/幻冬舎 (C)2020 「太陽は動かない」製作委員会
  • 映画『太陽は動かない』(C)吉田修一/幻冬舎 (C)2020 「太陽は動かない」製作委員会
  • 映画『太陽は動かない』(C)吉田修一/幻冬舎 (C)2020 「太陽は動かない」製作委員会
  • 『太陽は動かない』撮影現場(C)吉田修一/幻冬舎 (C)2020「太陽は動かない」製作委員会
  • 『太陽は動かない』(C)吉田修一/幻冬舎 (C)2020「太陽は動かない」製作委員会
  • 『太陽は動かない』 (C)吉田修一/幻冬舎 (C)2020 映画「太陽は動かない」製作委員会
藤原竜也と竹内涼真がバディを組む現在公開中のノンストップサスペンス映画『太陽は動かない』。この度、本作のアクションシーン撮影をとらえたメイキング映像が到着した。

>>『太陽は動かない』あらすじ&キャストはこちらから

「怒り」「悪人」などを執筆した人気小説家・吉田修一のサスペンス小説を映画化した本作。世界を股にかけた壮大なスケールと、様々なシチュエーションでのアクションシーンなどから映像化は不可能と言われた巨編だが、日本国内での撮影に加え、東欧ブルガリアにて約1ヶ月にも及ぶ海外ロケを敢行し、日本では実現不可能ともいえる超異例づくしの大規模な撮影を行い映画にした。

『太陽は動かない』撮影現場(C)吉田修一/幻冬舎 (C)2020「太陽は動かない」製作委員会
そんな日本映画の中でも破格のスケールと迫力のアクションが話題となっている本作。今回到着した映像では、秘密組織のエージェントを演じる藤原さんと竹内さんが、スタントなしで挑むアクションシーンの舞台裏が収められている。


高所・水中・暗闇が苦手だという藤原さんだが、本作では、そんなシーンがふんだんに登場する。まず映像では、2人がワイヤーをつけ、何度もテイクを重ねたという橋から列車へ飛び降りるシーンからスタート。躊躇なく飛び降りる藤原さんの姿はプロフェッショナルそのものだが、「涼真は『楽しいです!』という顔で飛ぶんです。彼の踏ん張りや頑張りが僕を動かしてくれたのは確かです」と竹内さんの存在が大きかったと明かしている。

続いて、本作が本格アクションに初挑戦となる竹内さんが「アクション部の方と綿密にすり合わせたことが印象に残っています。次の日、『大変だったけれど頑張った』と思えて嬉しかったことを覚えています」と力強く印象に残ったという、動く列車内での激しいアクションシーンの裏側も公開。確認しながら進めていく様子が映し出されている。

『太陽は動かない』(C)吉田修一/幻冬舎 (C)2020「太陽は動かない」製作委員会
そしてラストは、約180トンもの大量の水を使って撮影された、沈む船内でのメイキング。藤原さんは「ここまで『もう二度と出来ない』と思う役は初めてかもしれません(笑)」とその過酷さを語りながらも、「僕にとっては、(羽住監督は)深作欣二監督以来の『映画に革命を起こす監督』です」と羽住英一郎監督に大きな信頼を寄せている。

映画『太陽は動かない』は全国にて公開中。
《cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top