本木雅弘にカメラが密着、大河の舞台裏にも迫る「プロフェッショナル 仕事の流儀」

NHK総合で放送されている「プロフェッショナル 仕事の流儀」の3月28日(土)放送回は「本木雅弘スペシャル」をお届け。

最新ニュース スクープ
NHK総合で放送されている「プロフェッショナル 仕事の流儀」の3月28日(土)放送回は「本木雅弘スペシャル」をお届け。現在放送中の大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」に斎藤道三役で出演中の本木さんに半年にわたりカメラが密着した。

1981年に「2年B組仙八先生」で俳優デビュー、その後「シブがき隊」メンバーとして88年までトップアイドルとして活動。解散後は俳優、ソロアーティストへと転身を図り、坊主姿を披露した『ファンシイダンス』が話題となると、『シコふんじゃった。』で日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞。その後も『ラストソング』『双生児』などが高評価を受け、2009年、自らの企画で製作され主演を務めた映画『おくりびと』が米国アカデミー賞外国語映画賞を受賞。本木さん自身も国内の映画賞を総なめにするなど、日本を代表する俳優となった。

本木雅弘・男優主演賞/第71回毎日映画コンクール
そんな本木さんに初めてカメラが密着。1998年放送の「徳川慶喜」以来の出演となる大河ドラマ「麒麟がくる」の舞台裏はもちろん、自宅もテレビ初公開。実に半年にわたる取材から本木さんの知られざる素顔に迫っていく。

大河ドラマ「麒麟がくる」は大河初の明智光秀をメインにした作品となり、若き明智光秀、織田信長、斎藤道三、今川義元、豊臣秀吉や徳川家康ら戦国武将たちの天下取りを描くもの。

明智光秀を長谷川博己が演じ、光秀が京で出会う駒には門脇麦。織田信長に染谷将太。信長の父・織田信秀に高橋克典。本木さん演じる道三の娘・帰蝶(濃姫)に川口春奈。道三の嫡男・斎藤義龍(高政)に伊藤英明。足利義輝に向井理といったキャスト。さらに“越前編”からはユースケ・サンタマリア、間宮祥太朗、本郷奏多、安藤政信らも出演する。

3月29日(日)放送の11話では非力ぶりを露呈した信秀が道三に援軍を頼むも、高政や稲葉(村田雄浩)らが尾張との和議を独断で決めた道三を糾弾。光秀は兵が出せない由を尾張に伝えにいく。人質同然の帰蝶が犠牲になってしまうことを恐れる光秀だが、信長がかつて京の将軍家の取りなしで美濃の内紛が収まった話を思い出す…という展開に。

大河ドラマ「麒麟がくる」は毎週日曜20時~NHK総合にて放送。BSプレミアム、BS4Kでも放送。

プロフェッショナル 仕事の流儀「本木雅弘スペシャル」は3月28日(土)19時30分~NHK総合で放送。
《笠緒》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top