アイビー・チェンの“泣く演技”に注目『悲しみより、もっと悲しい物語』メイキング

2009年に韓国で大ヒットした映画を台湾に舞台を移しリメイクした、心震える珠玉のラブストーリー『悲しみより、もっと悲しい物語』。この度、ヒロイン役を演じるアイビー・チェンのメイキング映像が解禁となった。

韓流・華流 スクープ
『悲しみより、もっと悲しい物語』
  • 『悲しみより、もっと悲しい物語』
  • 『悲しみより、もっと悲しい物語』
  • 『悲しみより、もっと悲しい物語』
  • 『悲しみより、もっと悲しい物語』
台湾で国内映画興行収入ランキング第1位(2018年)を記録し、空前の社会現象を巻き起こした超メガヒットラブストーリー『悲しみより、もっと悲しい物語』。この度、ヒロイン役を演じるアイビー・チェンのメイキング映像が解禁となった。

>>『悲しみより、もっと悲しい物語』あらすじ&キャストはこちら

撮影現場で、たった3秒で涙を流すさまを100回以上演じて監督と共演者たちを驚かせたという伝説のエピソードがあるアイビー・チェン。今回解禁されたメイキング映像では、そんな彼女の“泣く演技”に注目だ。

メイキング映像のインタビューでは、「演じる時、とにかく信じること。その人物はこの社会に本当に存在していて、出来事も今実際に起きてるんだと信じる。だから演技で泣くのはさほど難しくない」と明かし、複雑で切ない心情をもつクリームという役に巡り合えたことについて感慨深く語っている。


ギャビン・リン監督は、「彼女は一瞬で気持ちを切り替える。“アクション”で役になりきり、たった2分の間に走り出して号泣する。最優秀女優賞なみの演技だった」と、彼女の演技を絶賛。

共演者のエマ・ウーも、「彼女の“泣く演技”はすばらしい。楽しそうにふざけていても、次の瞬間泣いてる! 練習ではどうにもならない。天性のもの」と称賛のコメントを残した。

いよいよ今週公開となる本作は、「とにかく泣ける」と口コミで話題になりアジア各国で興収記録を樹立した話題作。そこで、劇場では来場者プレゼントとして、数量限定で「オリジナルデザインのポケットティッシュ」のプレゼントを予定している。

『悲しみより、もっと悲しい物語』は4月3日(金)より新宿武蔵野館、アップリンク吉祥寺ほか全国にて順次公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top