トム・クルーズ、『トップガン マーヴェリック』の公開延期を発表

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』、『ワンダーウーマン 1984』など、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、公開延期が発表されたメジャー作品にまた1本が加わった。トム・クルーズ主演の『トップガン マーヴェリック』だ。

最新ニュース ゴシップ
トム・クルーズ-(C)Getty Images
  • トム・クルーズ-(C)Getty Images
  • トム・クルーズ-(C)Getty Images
『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』、『ワンダーウーマン 1984』など、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、公開延期が発表されたメジャー作品にまた1本が加わった。トム・クルーズ主演の『トップガン マーヴェリック』だ。

同作は今年6月24日の全米公開を予定していたが、12月23日に延期されることがトムから2日(現地時間)に発表された。

「みんなの多くが34年も待ってくれた。残念ながら、もうちょっと待ってもらうことになるよ。『トップガン マーヴェリック』は12月に飛び立つ。みんな、無事でいてね」とツイートした。


『トップガン マーヴェリック』は1986年にトムが主演した『トップガン』の続編。34年前と同様、トムはピート・ミッチェル(マーヴェリック)を演じ、ヴァル・キルマーもトム・カザンスキー(アイスマン)として続投する。

ファンからは「エイプリルフールは昨日だよ」、「冗談だよね?」という信じられない思いをぶつける声や、「ものすごく残念だけど、最高のクリスマスプレゼントになるかも」というポジティブな意見も。前作とは異なり、マーヴェリックの有名なジャケットの背中に縫い付けられていた台湾と日本の国旗が消えてしまったことを改めて指摘し、改善を求めるファンもいた。

なお、日本公開についても延期が発表され、公開日は後日発表予定だ。
《Hiromi Kaku》

特集

関連記事

特集

page top