『007 ゴールドフィンガー』のボンドガール、オナー・ブラックマン(94)が死去

『007 ゴールドフィンガー』(1964)で、ボンドガールのプッシー・ガロアを演じたオナー・ブラックマンが亡くなった。

最新ニュース ゴシップ
『007 ゴールドフィンガー』オナー・ブラックマン (C) Photo by Rosie Greenway/Getty Images
  • 『007 ゴールドフィンガー』オナー・ブラックマン (C) Photo by Rosie Greenway/Getty Images
  • 『007 ゴールドフィンガー』ショーン・コネリー&オナー・ブラックマン (C) Photo by Larry Ellis/Daily Express/Hulton Archive/Getty Images
  • オナー・ブラックマン (C) Photo by Larry Ellis/Daily Express/Hulton Archive/Getty Images
『007 ゴールドフィンガー』(1964)で、ボンドガールのプッシー・ガロアを演じたオナー・ブラックマンが亡くなった。イギリス・サセックスの自宅で、家族に見守られながら息を引き取ったという。享年94。新型コロナウイルスとの関与はなく、自然死だったとのこと。「The Guardian」紙が伝えた。

オナーは1947年に女優デビューし、テレビ、映画、舞台で活躍してきた。1962年に出演したイギリスドラマ「The Avengers」(原題)のキャシー・ゲイル役で大ブレイク。同役を演じるために柔道などのマーシャルアーツを学び、それがさらなる脚光を浴びることになった『007 ゴールドフィンガー』のボンドガール役に役立った。ボンドガールを演じたときの年齢は38歳。主演のジェームズ・ボンド役のショーン・コネリーは当時33歳だった。歴代のボンドガールの中でも年長の1人だ。ほかの出演作品は「刑事コロンボ」、『ブリジット・ジョーンズの日記』など。

長年、『007』シリーズのプロデューサーを務めているマイケル・G・ウィルソンとバーバラ・ブロッコリは、「彼女は映画のアイコンでした。ゴールドフィンガーのプッシー・ガロアとして永遠に記憶に刻まれることでしょう。桁外れの才能を持ち愛されたボンド・ファミリーの一員でした。ご家族にお悔やみ申し上げます」と追悼した。
《Hiromi Kaku》

特集

関連記事

特集

page top