高畑充希&城田優が吹替を担当…リリー・ジェームズ主演『シンデレラ』放送

“ディズニー・ラブストーリー”の原点にして頂点ともいえる物語を実写化、世界で大ヒットした『シンデレラ』が4月12日(日)今夜、テレビ朝日系で放送される。

最新ニュース スクープ
『シンデレラ』(C)disney enterprises inc.
  • 『シンデレラ』(C)disney enterprises inc.
  • 『シンデレラ』(C)disney enterprises inc.
  • 『シンデレラ』(C)disney enterprises inc.
『アナと雪の女王』『美女と野獣』などの“ディズニー・ラブストーリー”の原点にして頂点ともいえる物語を実写化、世界で大ヒットした『シンデレラ』が4月12日(日)今夜、テレビ朝日系で放送される。

ディズニースタジオが総力を結集し、絢爛豪華なセットと衣装で原作童話の世界観そのままに映像化。原作やアニメ版では触れられてこなかったシンデレラの両親との過去、関係性や、王子と王の親子愛なども描くことで、実写版ならではの深い人間ドラマにも仕上がっている。

エラ(リリー・ジェームズ)は行商人の父と優しい母と共に森の中の屋敷で暮らしていた。しかし母が病死。その後父が再婚することになり、エラの家にプライドの高いまま母(ケイト・ブランシェット)と姉たち(ソフィー・マクシェラ、ホリデイ・グレインジャー)がやってくる。さらに父も亡くなるとまま母たちはエラを屋根裏部屋に追いやり、使用人のように扱い始める。

『シンデレラ』(C)disney enterprises inc.
寒さをしのぐために暖炉の前で眠り、灰を顔につけたまま働くエラを「灰まみれのエラ=シンデレラ」とからかうまま母たち。母との約束を守り続けてきたエラだったが3人の仕打ちに耐えかねて遂に家を飛び出してしまう。家を飛び出したエラは森で陽気な青年・キット(リチャード・マッデン)と出会う。エラとキットは互いに惹かれ合うがキットは実は王子。死を目前にした父王(デレク・ジャコビ)から政略結婚を勧められていたのだ…。

ドラマ「ダウントン・アビー」や『マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー』などのリリー・ジェームズがエラ=シンデレラ役で主演を務めるほか、『ロケットマン』『1917 命をかけた伝令』などのリチャード・マッデン、『アビエイター』『ブルージャスミン』などのケイト・ブランシェット、『英国王のスピーチ』『アリス・イン・ワンダーランド』などのヘレナ・ボナム=カーターといったキャストが出演。

『シンデレラ』(C)disney enterprises inc.
日本語版吹き替えキャストとして、シンデレラ役に『ヲタクに恋は難しい』「同期のサクラ」などでいまや大人気女優の仲間入りを果たした高畑充希。

王子=キットには『カツベン!』などの映画はもちろん「ロミオ&ジュリエット」「ファントム」など数々の舞台でもお馴染みの城田優らが参加しているのも見どころ。

『シンデレラ』は4月12日(日)今夜21時~、テレビ朝日系で放送。
《笠緒》

特集

関連記事

特集

page top