物議を醸した『Fukushima 50』期間限定で配信決定

福島第一原発事故を題材にし、賛否両論を巻き起こした映画『Fukushima 50』(フクシマフィフティ)が、本日4月17日(金)より期間限定で有料ストリーミング配信されることになった。

映画 邦画ニュース
『Fukushima 50』(C) 2020『Fukushima 50』製作委員会
  • 『Fukushima 50』(C) 2020『Fukushima 50』製作委員会
  • 『Fukushima 50』 (C)2020『Fukushima 50』製作委員会
  • 『Fukushima 50』 (C)2020『Fukushima 50』製作委員会
  • 『Fukushima 50』 (C)2020『Fukushima 50』製作委員会
  • 『Fukushima 50』(C) 2020『Fukushima 50』製作委員会
  • 門田隆将 「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発」 (角川文庫刊) 840円(税別)
福島第一原発事故を題材にし、賛否両論を巻き起こした映画『Fukushima 50』(フクシマフィフティ)が、本日4月17日(金)より期間限定で有料ストリーミング配信されることになった。

>>『Fukushima 50』あらすじ&キャストはこちらから

福島第一原発事故の関係者90人以上への取材をもとに綴られたジャーナリスト・門田隆将のノンフィクション作品「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発」(角川文庫刊)を原作にした本作。

公開当初から賛否両論を激しく巻き起こしていたが、新型コロナウイルス感染症対策本部にて政府より発令された緊急事態宣言に伴い、多くの映画館が営業を休止していることも重なり「見たくても見に行けない」という声の高まりを受けて今回の有料ストリーミング配信が決定した。

なお、事態の改善と映画館の営業再開に合わせ、一部の映画館で上映が再開される予定。購入したムビチケ前売券(オンライン・カード)およびムビチケ当日券は再上映でも使用可能となる。

『Fukushima 50』は4月17日(金)より随時配信開始。

<『Fukushima 50』配信情報>
*詳細情報は随時公式HPにて更新
【配信形式】デジタルレンタル配信(TVOD)
【価格】1,900円(税込)
【配信期間】4月17日(金)より随時開始、配信終了日は事態の収束をみて後日決定
【配信サービス】ミレール(お手持ちのムビチケ前売券(オンライン・カード)およびムビチケ当日券を使用しての視聴も可能)、ニコニコ生放送、Amazon Prime Video、U-NEXT、ビデオマーケット、ひかりTV、GYAO!ストア、楽天TV、クランクイン!ビデオ ほか(予定)
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top