トム・ハーディ主演『ヴェノム』続編、2021年6月に全米公開決定

トム・ハーディ主演の大ヒット作『ヴェノム』の続編が、『Venom:Let There Be Carnage』(原題)に決定。全米公開日が2021年6月25日に決定。

映画 洋画ニュース
『ヴェノム』キャスト陣 (C) Photo by Alberto E. Rodriguez/Getty Images
  • 『ヴェノム』キャスト陣 (C) Photo by Alberto E. Rodriguez/Getty Images
  • アンディ・サーキス -(C) Getty Images
  • トム・ハーディ-(C)Getty Images
  • ミシェル・ウィリアムズ  (C) Getty Images
  • ウディ・ハレルソン-(C)Getty Images
トム・ハーディ主演でダークヒーローを描いた大ヒット作『ヴェノム』の続編タイトルが、『Venom:Let There Be Carnage(ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ)』(原題)に決定。全米公開日が2021年6月25日となることが発表された。

>>『ヴェノム』あらすじ&キャストはこちらから

その強烈なビジュアルとは裏腹に、トム・ハーディ演じる主人公エディとの“名コンビ”に「かわいい」「面白い」といった声が相次ぎ、「マーベル版寄生獣」「ハリウッド版ど根性カエル」などと呼ばれて、2018年に日本でも人気となったヴェノム。

トム・ハーディ-(C)Getty Images
その続編となる本作は、前作にもちらっと姿を見せたヴェノムの宿敵・カーネイジ役が登場、監督は『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのゴラム役や『猿の惑星』シリーズのシーザー役などでモーションキャプチャーの第一人者といわれ、MCU『ブラックパンサー』などにも出演した俳優のアンディ・サーキス。

アンディ・サーキス -(C) Getty Images
トムやミシェル・ウィリアムズが続投し、「大虐殺」を意味するヴィランのカーネイジはウディ・ハレルソンが演じる。


『Venom:Let There Be Carnage』は2021年6月25日より全米公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top