ビヨンセ、ツイッター社CEOと手を組みコロナ禍で働く人々に6億円を寄付

レディー・ガガがWHOと企画したコンサート「One World : Together At Home」に出演する際に、リスクを背負いながら人々の生活に必要不可欠な仕事を行っている人たちに感謝を述べていたビヨンセ。

最新ニュース ゴシップ
ビヨンセ-(C)Getty Images
  • ビヨンセ-(C)Getty Images
  • ビヨンセ-(C)Getty Images
  • ビヨンセ-(C)Getty Images
レディー・ガガがWHOと企画したコンサート「One World : Together At Home」に出演する際に、リスクを背負いながら人々の生活に必要不可欠な仕事を行っている人たちに感謝を述べたビヨンセ。こういった仕事に就いている人たちの多くがアフリカ系アメリカ人であることにも言及し、心を痛めていた。

23日(現地時間)、自身の慈善団体「BeyGOOD」とツイッター社のCEOジャック・ドーシーの「スタート・スモール基金」がパートナーシップを結び、新型コロナウイルス禍で働いている人たちのために約6億4000万円(600万ドル)を寄付することをSNSで表明した。


医療、物流など、現場で働く人たちにとって、新型コロナウイルスとの闘いは精神的にも肉体的にもきついもの。そこで、ビヨンセはメンタルヘルスのサポートに関してはカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)と全米精神疾患患者家族会(NAMI)に寄付し、心のケアを提供することに。身体の健康の維持やサポートに関しては、フードバンクや地元の病院などいくつかの団体に寄付金を贈った。

ジャックの「スタート・スモール基金」は、リアーナの「クララ・ライオネル基金」&ジェイ・Zの「ショーン・カーター基金」とも組み、新型コロナウイルスの支援対策に約6億7000万円(620万ドル)の寄付を行っている。
《Hiromi Kaku》

特集

関連記事

特集

page top