「フランス映画祭2020 横浜」6月開催を断念…延期時期は年内で調整中

6月25日(木)~28日(日)に横浜みなとみらい地区にて開催を予定していた「フランス映画祭2020 横浜」が、世界的に発生している新型コロナウイルス感染症の情勢を鑑み、6月の開催を見送り延期することを発表した。

最新ニュース スクープ
6月25日(木)~28日(日)に横浜みなとみらい地区にて開催を予定していた「フランス映画祭2020 横浜」が、世界的に発生している新型コロナウイルス感染症の情勢を鑑み、6月の開催を見送り延期することを発表した。

今年で28回目を迎える「フランス映画祭」。現在、日本国内で緊急事態宣言が発令されており、また、本映画祭のために来日を調整していたフランスの映画作家や、俳優、映画関係者たちの来日調整が難しくなっているのが現状だ。

同映画祭事務局では、「6月の実施では、日仏の映画人たちとお客様との交流を深める機会を喪失する可能性が高くなっております。お客様の安全を第一に、そして本映画祭がこれまで構築してきた日仏文化交流の灯を絶やさないためにも、改めて今後の映画祭の実施については引き続き協議を重ねて参りたいと思っております」と発表。

主催のユニフランス会長セルジュ・トゥビアナ氏も下記のようにコメントを寄せた。延期時期は現在調整中という。

セルジュ・トゥビアナ(主催:ユニフランス・会長)


フランス映画祭横浜は日本の観客の皆様方と最新のフランス映画が出会う、類い稀な映画祭であり、濃密な数日間となっています。フランスのアーティストたちが日本の皆様から情熱的に歓迎され、彼らも横浜での出会いをとても楽しみにしている大事なイベントです。ユニフランスは、常に誠実な日本のパートナーの皆様方と共に、この日仏文化の大交流イベントである本映画祭を2020年が終わる前に開催するべく、全力を尽くす事をお約束します。
《text:cinemacafe.net》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top