新作映画をデジタル配信「仮設の映画館」4月25日開館、新ラインアップも

インターネット上で映画が楽しめる「仮設の映画館」の開館日が4月25日(土)に決定。新たに配信作品も増えた。

最新ニュース スクープ
インターネット上で映画が楽しめる「仮設の映画館」の開館日が4月25日(土)に決定。新たに配信作品も増えた。

「仮設の映画館」は、新型コロナウイルスの影響で停滞している映画の経済を全国の劇場、配給会社、製作者、そして映画ファンと共に回復させるため、通常の劇場公開と並行して新作映画のデジタル配信を行う。

観客は、インターネット上で観たい映画館を選択し、鑑賞料金は選ばれた映画館に分配される仕組みとなっている。

最初の上映作品は、3月21日よりユーロスペースほかで公開されていた島田隆一監督の『春を告げる町』。

『春を告げる町』
また、5月2日(土)からは、中国で最も美しい村にも選ばれたチベット高原の秘境ギャロン地方出身の歌手ヨンジョンジャが企画し自ら主演した『巡礼の約束』をはじめ、『精神0』、『タレンタイム~優しい歌』、『グリーン・ライ ~エコの嘘~』、『どこへ出しても恥かしい人』がラインアップ。

『巡礼の約束』
ほかにも『島にて』、『タゴール・ソングス』、『プリズン・サークル』、『タッチ・ミー・ノット~ローラと秘密のカウンセリング~』が配信を控えている。

『タゴール・ソングス』
また、設立の大きな理由のひとつは“映画館で映画を観るという行為を忘れないため”。少しでも映画館の暗闇を想像できるようなオリジナルマナーCMが制作。打合せや撮影、編集と全てテレワークによる協働作業で制作を行ったという。

《cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top