「ネット興亡記」予告初公開、有名IT起業家たちが登場

もうすぐ配信スタートするParavi オリジナルドラマ「ネット興亡記」の予告編が到着。各話の内容も明らかになった。

最新ニュース スクープ
「ネット興亡記」(C)「ネット興亡記」製作委員会
  • 「ネット興亡記」(C)「ネット興亡記」製作委員会
  • 「ネット興亡記」(C)「ネット興亡記」製作委員会
  • 「ネット興亡記」(C)「ネット興亡記」製作委員会
もうすぐ配信スタートするParavi オリジナルドラマ「ネット興亡記」の予告編が到着。各話の内容も明らかになった。

本作は、IT起業家たちの壮絶な物語を描いた日経電子版の連載企画「ネット興亡記」が原作。今回、その企画の中から厳選した回を、ドラマ初主演の「オリエンタルラジオ」藤森慎吾が新聞記者・杉山を演じドラマ化。

「ネット興亡記」(C)「ネット興亡記」製作委員会
まず第1話は、サイバーエージェント社長の藤田晋やUSEN-NEXT HOLDINGSの宇野康秀社長、堀江貴文らの交流と、サイバーエージェント創業期の苦闘を描いた「ネットバブルの攻防」編。第2話は、日本初のインターネット接続事業を始めたIIJの鈴木幸一会長が、立ちはだかる国の規制を乗り越える「インターネットの夜明け」編。

第3話は、メルカリの山田進太郎社長を描いた「メルカリの野望」編。第4話は、LINEとライブドアの関係をLINEの出澤剛社長と舛田淳CSMOが明かす「逆襲のLINE」編。そして第5話は、Yahoo!JAPAN誕生の裏側と孫正義に迫る「孫正義とYahoo!」編を放送する。

到着した予告編では、初めて新聞記者役に挑戦した、いつもとは違った雰囲気を放つ主演の藤森さんの映像とともに、今回発表されたIT起業家たちの姿も映し出されていく。


Paravi オリジナルドラマ「ネット興亡記」は4月29日より毎週水曜日配信(全5回)。
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top