【ディズニー】パーク再開が未定に 社員一時帰休、役員報酬自主返納も

東京ディズニーリゾートを運営する株式会社オリエンタルランドは5月8日(金)、新型コロナウイルス感染状況や政府・自治体の要請などを受け、両パークの臨時休園期間を延長することをアナウンスした。

最新ニュース スクープ
社員の一時帰休、役員の報酬自主返納も行うことを発表した東京ディズニーリゾート(C) Disney
  • 社員の一時帰休、役員の報酬自主返納も行うことを発表した東京ディズニーリゾート(C) Disney
  • 社員の一時帰休、役員の報酬自主返納も行うことを発表した東京ディズニーリゾート(C) Disney
  • 社員の一時帰休、役員の報酬自主返納も行うことを発表した東京ディズニーリゾート(C) Disney
  • 社員の一時帰休、役員の報酬自主返納も行うことを発表した東京ディズニーリゾート(C) Disney
  • 社員の一時帰休、役員の報酬自主返納も行うことを発表した東京ディズニーリゾート(C) Disney
  • 社員の一時帰休、役員の報酬自主返納も行うことを発表した東京ディズニーリゾート(C) Disney
  • 社員の一時帰休、役員の報酬自主返納も行うことを発表した東京ディズニーリゾート(C) Disney
  • 社員の一時帰休、役員の報酬自主返納も行うことを発表した東京ディズニーリゾート(C) Disney
東京ディズニーリゾートを運営する株式会社オリエンタルランドは5月8日(金)、新型コロナウイルス感染状況や政府・自治体の要請などを受け、両パークの臨時休園期間を延長することをアナウンスした。

臨時休園期間については4月9日(木)付の広報リリースで両パークの再開時期を5月中旬に判断する、としていたが、緊急事態宣言の延長を受け、「今後につきましては政府、自治体の休業要請が解かれた段階で再開時期を判断し、あらためてお知らせいたします」と再決定。東京ディズニーランド大規模開発エリアの開業時期についても、「両パーク再開後の状況を見て、決定いたします」とした。

また、2月29日(土)以降、2か月以上臨時休園が続いていることを踏まえ、雇用維持に資する施策の一環として社員の一時帰休、役員報酬の自主返納などを行うこともあわせて発表。社員の一時帰休の対象は、社員、嘱託社員、テーマパークオペレーション社員の約5,400名で、勤務日数のうち月4日を休業日とし、休業日については賃金の一部を支給する。実施期間は、5月18日(月)からパーク再開までだという。

役員報酬については、臨時休園した翌月の報酬から自主返納を行っており、「今後につきましても状況に応じて、更なる減額等を検討いたします」とした。

※取材時の状況に基づいて記事化しています。紹介したイベント、メニューなど、すべての掲載情報は、予告なく変更になる場合があります。

(C) Disney
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top